1. 生暖かい雨とざらついた情熱歌詞

「生暖かい雨とざらついた情熱」の歌詞 the GazettE

2006/2/8 リリース
作詞
流鬼
作曲
the GazettE
文字サイズ
よみがな
hidden
くずれるようにたおれていった被写体ひしゃたいわすれられない

ふらつくあしさすりあなたをった きっとゆるしてはくれないだろう
あめおとまぎれてこえる そのおとわたしまえまった

ただ あなたには ただ あなたには
事一ごとひとつさえしたくないけど
わかってしい たった一度いちどだけ
くるまぎれのうそつむって いて

嗚呼ああ このままどうにでもして そのいつわりがないなら
ポケットのなかのナイフごと「わたしれてげてよ」
まだまないあめうたうわ シャツにこびりついてえない
錆臭さびくさつみつみつみはやあらながしてレイン

Darlynダーリン…. あなたにまとわりつく嫉妬しっとうばったいま
あなたのむねしずわたし唯一ゆいいつなの?

かさもささずにいきをきらして わたしさがすあなたをつけたとき
とてもうれしかった もうそれだけで…
あと言葉ことばわさずそのときつわ

アスファルトとあめのワルツをきながら二人抱ふたりだって
こぼれそうなよわさごまかして あまいキスにおぼれていたいの
やさしい情熱じょうねつあふれる あなたのその華奢きゃしゃ
いつかの約束やくそくのこあかいサイレンに
サヨナラ あいしてまぬひと サヨナラ とおざかるあなたへ

ざらついた舌先したさきのこ最後さいごのあなたをしんじて
次逢つぎあうそのあめ」がるなら あなたにかさをさすから