「籠の蛹」の歌詞 the GazettE

2012/8/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
I depend on your existence

理性りせい千切ちぎった貴方あなた所為せい
うれいたはなれる
素肌すはだがれぬ感覚かんかく
吐息混といきまじりの言葉覚ことばおぼえてる?

そのやさしきうそいまならめる
曖昧あいまいみだすのならバラバラにして

紅引べにひ度心たびこころかくくるわ
かみをなぞるのこあさゆめ
ゆらりゆらりられながら
ばせばとどきそうな あのそらいまとお
ただ…涙零なみだこぼれそう

手繰てさぐいとむすわすけた情念じょうねん
さなぎのままではかごからべず
落日らくじつまる憂鬱ゆううつをまたのどのこして

紅引べにひ度心たびこころころ晩秋ばんしゅうやみ

れることさえ二度にどかなわぬ意味いみをそのときにはまだ
うわそらおよ貴方あなたいまえてくれないから

われたよる痛哭つうこくさえゆるしてくれない
此処ここ無慈悲むじひよく
さよならさえにごくちなにのぞまないけど

此処ここ記憶きおくまでれてかないで
くるわさが現在いま明日あす見出みいだせないまま
ただのこ辿たど彷徨さまよ一人籠ひとりかごなかで…
貴方あなたえない

I depend on your existence