1. Crucify Sorrow歌詞

「Crucify Sorrow」の歌詞 the GazettE

2006/11/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがらこわれたむし
あたまけたままおぼれてる

しばられたこころそこから
ごろされてるよ
感覚かんかくゆめ浮遊ふゆうしてるようで」
想像上そうぞうじょういたみなどより
現実げんじつ孤独こどくがた
「そしてはいくの」
くちからこぼれたその悲想ひそう
きみおおいつくす

最期さいごえたきみかさなる
しめ意図いとなにのぞむの
羽無はねなちょう ちるImageイメージを」
鬱向うつむ無言むごんかげれられない
理解わかえぬゆえちるなげ

れる身体からださる きみまれたかぜ
ぬくもりはおぼえてるかい「せめて…」
背負せおったものえぬけど
またわらえるその「いつか」を
どこかでもとめていて

Soソー longロング meミー...
どれだけ自分責じぶんせころしても
どれだけ背負せお物憎ものにくんでも
何一なにひとつもはいらない

最期さいごえたきみかかえきれぬ
孤独こどくそこ すくんだあし
して さあちるimageイメージを」
鬱向うつむさかさのかげ二度にどえず
ちりとなったゆえちぬいた

たらぬ場所ばしょあい
ありむらがりらう
嫉妬しっとにもうらやみと
あわれみにじきみかげ