「ヘルズ」の歌詞 the peggies

2015/5/27 リリース
作詞
北澤佑扶
作曲
北澤佑扶
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくえらんだみちは これでかったのかい?」
たとえばそんなことかんがえたりしてしまうんだ

すべてをはなすには 言葉ことばりなくて
すべてをかくすには 言葉ことばあまほどあった

やさしい自分じぶんいたくて
だれかにやさしくしてるだけと
気付きづいてしまった
なんだよ、ぼくやさしさなんて

こわれてしまわぬように えてしまわぬように
大事だいじそだててきたものは
こんなにも容易たやすくずれてしまうのかい?

どんなにきしめられたって
あたまでられたって
しんじられないときがくること、
だれおしえてくれなかった

ぼくえらんだみちは これでかったんだ」って
そうかせて
そっとあかりをしてえないふり

すべてをあいするには いくつものうそ必要ひつよう
すべてをきらうにも いくつものうそ必要ひつよう

暗闇くらやみ番人ばんにんごっこ こわいものなんていとおもってた
でもそのあしふるえて たてほこもこれはだれのため?
自分じぶんのためじゃないか

こわれてしまわぬように えてしまわぬように
大事だいじそだててきたものは
こんなにも容易たやすくずれてしまうのかい?
どんなにきしめられたって
あたまでられたって
しんじられないわけをりたくて

なさけないな、なさけないな、なんてぼく
いつしか孤独こどくはたかか勇敢ゆうかんつフリをした
そうすればするほどぼく自分じぶんきらいになった
なんでだ?なんでだ?そんなはずないのに

ぼくはしった みちをずっとはしった
そして

やさしい自分じぶんえたから
あなたを、あなたをまもれたんだって
気付きづいたぼく
くずれてしまったときのこひかりった
それは

こわれてしまわぬように えてしまわぬように
大事だいじそだててきたものは
くずれてくなるなんてくて
たしかにあかりをともしてのこってた
ひとはそれをあいんだんだ