1. パトリシア歌詞

「パトリシア」の歌詞 the pillows

1998/2/21 リリース
作詞
Sawao Yamanaka
作曲
Sawao Yamanaka
文字サイズ
よみがな
hidden
クシャクシャのあたま 全然気ぜんぜんきにしないで
シャボンだまとばしてるキミは
近所きんじょ子供こどもに この頃人気者ごろにんきもの
てでこえかけられる

のんびりとうかなんなのか
四六時中しろくじちゅううたたばかり
すべてにマイペースなキミが
ぼく一番いちばんわかってる

部屋へやにいるだけで なんにもない
キミとなら なぜかしあわ

キミの誕生日たんじょうび 今年ことしはどここう
はりきってるぼくこと 無視むしして
モノマネみたいな真剣しんけんかお
'としをとるのは もう やめる'とった

かみりすぎたとき
'パトリシアみたいでしょ?'なんて
くじけないその図々ずうずうしさで
二人ふたりほしは まわってる

かさわすれてあめにぬれても
キミとなら なぜかしあわ

ぼくらはきっとだれよりも
マヌケで最高さいこうだよ
明日あしたはもっと今日きょうよりも
たのしい物語ものがたり中連なかつれてってよ

のんびりとうかなんなのか
わせもまるでまもらず
とにかくマイペースなキミが
ぼく一番いちばんわかってる
ありのまま わかってる

なみだこらえてたぼくのかわりに
きだしてくれたあのときから
あるきづらいほどかぜつよ
キミとなら全部幸ぜんぶしあわ
キミとなら なぜかしあわ
二人ふたりなら いつもしあわ
つまずいてもまた大笑おおわら
キミとなら 全部幸ぜんぶしあわせさ