「Nowhere」の歌詞 the pillows

1998/2/21 リリース
作詞
Sawao Yamanaka
作曲
Sawao Yamanaka
文字サイズ
よみがな
hidden
そらゆめてたのは
まだぼくらが子供こどものふりしてたころ
リアルな未来みらいこわくて
時間じかんめたいとねがってた

絶望的ぜつぼうてきあま約束やくそく
想像通そうぞうどおりのいたみでうしなった

ぼくはまたちいさなまどから
いたひかりらされるだろう
あたたかいからだちかくによこたわって
えないそらてる

やすらぎに退屈たいくつ生活せいかつ
日増ひましになんだかやさしくしてくれるけど

nowhere
しずつづけて
深海魚しんかいぎょのようにつぶれていたいんだ
ねえ どうしてなんだろう
なんにもしくない

さびしくてわらっていたのは
ただぼくらが大人おとなかおをしてたころ
言葉ことばかべをつくれても
なみだすこしづつこぼれてた

途方とほうれてわざとうそついて
きずつけったり感情かんじょうこおらせた

nowhere
かなしみのない世界せかい
ぼく相手あいてにしないって
わかってるけど
さがしてたんだよ

nowhere
しずつづけて
深海魚しんかいぎょのようにつぶれていたいんだ
ねえ どうしてなんだろう
なんにもしくない

nowhere
最後さいご悲鳴ひめいひびかないように
かくれてるよ いまはもう
どこにもいない