「Sha-la-la-lla」の歌詞 the pillows

1994/7/2 リリース
作詞
Sawao Yamanaka
作曲
Sawao Yamanaka
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしくてずっと ふさぎこんでいたなんて
冗談じょうだんみたいさ
がんじがらめに からんでたこころがほどけてゆくよ
キミのわらこえぼく明日あしたをぬりかえる
とおくもうえこしかけて夜明よあけをていた
ぼくはきっとまれわるはずさ

二人ふたりゆれながら Sha-la-la-lla
言葉ことばはいらない Sha-la-la-lla

季節きせつわりに 二人ふたりあさまで
ふざけていたね
なにでもありさ たのしいことなら あたり次第しだい
あるつかれることらないぼくらは このまま
ゆびをならして口笛吹くちぶえふきながら ねむらない
そして キミのためだけにうたうのさ

二人ふたりゆれながら Sha-la-la-lla
言葉ことばはいらない Sha-la-la-lla

二人ふたりゆれながら Sha-la-la-lla
もうなにもいらないのさ Sha-la-la-lla