「Something like a romance」の歌詞 the pillows

1995/3/24 リリース
作詞
山中さわお
作曲
山中さわお
文字サイズ
よみがな
hidden
しびれるかんじが またひと
ぼくなかえたのは
らなくていいゆめをのぞいたから

いたやさしさのうえ
目眩めまいをこらえてたのも
二人ふたりのスピードをしんじてたから

しず夕日ゆうひていた
たがいの表情ひょうじょうがわからなくなるまで

約束やくそくかねこえたら
別々べつべつあるきだそう
きよらかなメロディーだけをむね

とき無口むくちになるころ
あてはめたまぼろし意味いみをなくした

そして二人ふたり魔法まほうはとけたのさ
出会であったに キミをちょっと
かえったぼくはもう いないよ

チクチクいたなみだこぼれて
きずつけたことおもさせる
ぼくのせいでも
仕方しかたなくても
かなしい