1. キズナ歌詞

「キズナ」の歌詞 tick

2009/5/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
交差点こうさてんうえ あふれる人波ひとなみ いつのにかその一人ひとりとなり
れない景色けしきも いつか ながすようになっていた
がつくとあめがっていた れたアスファルトのにおいが そう
ぼくめようとしたけど かずあるいて
ビルの間見上あいだみあげた夕焼ゆうやけは やけにこころさぶってくる
That was first time うたってたいっておもってたあの
きみ出会であった街角まちかど夜明よあけまでかたったは そう
このままときながれても わらないがしていた

きみはただきいそぐままに はかなった
ぼくらをのこ夜空よぞらほしわるように

まぶしすぎた奇跡きせきもとめすぎた世界せかい
やさしすぎた季節きせついそぎすぎた未来みらい
はるとおくにおもえた

いまぼくたちだけがとしをとり りずにきときらいをかえ
わらない笑顔えがおきみは そんなぼくをどうている?
ちっぽけな勇気ゆうきでさえ えてしまいそうな街中まちなか
きみなにうつして どこへかってたんだろう?
まえつづなが坂道さかみち どこまでもつづきそうなこのみち
day after day まってたってなにわりはしないから
りしきるおもあめよるは ついきみ言葉ことばおも
自分じぶんった そのみちを ただひたすらにたたかえ」

いつもゆめいかけて 一人走ひとりはし
きみ背中せなかぼくれていってくれる

くじけそうなこころこわれそうな身体からだ
ちぎれそうなつばさぼくらをためすけれど
つか希望きぼうかぎやせ きないおも
るぎないきずなを いつまでもほこりに
ひびきみのメロディー つなげる ぼくらのストーリー

ゆめえたら それだけでいい
目覚めざめるまでは こえかせて