「ホシゾラレイン」の歌詞 tilt-six,初音ミク

2015/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たとえば ここで みみふさいで
1人ひとりで しゃがんで 地面じめんつめて
われない ぼくらに きみこたえた
意味いみ時間じかんきみすくった

ほらたとえば こんなふうべたら

いま おどるように よるえて
いきけた

足元あしもとえる町並まちなみに
きみなみだあめになる

ホシゾラに ちるアメは
きみ世界せかいらしていく

夜明よあけをってえちゃうまえ
もう一度いちどしかった明日あした

いつかゆめ
それらは きっと
いくつかくずれた

ここでいてるのは
だれにもバレないから

なみだえがいた 軌道きどうって

ねむるように おどよる
いきって じて
ホシゾラにる テンキアメなら
反射はんしゃして きらめく

いままでの きみながした
きみまちあめ
かたちえて きみのために
1人ひとりでも おどれる明日あした

ためよう
そこにちた
一粒ひとつぶなみだおと

たずねた
きみそば
ほしかったの それは
勇気ゆうき つづけざまに
つづけた
たくさんのゆめ希望きぼう
今日きょう星空ほしぞら綺麗きれいなんだ
あとはきみ次第しだいなんだから

よるえに おどるんだ
そらいきをして
足元あしもとえる町並まちなみに
ぼくなみだあめになる

あのホシゾラに あめ
きみ世界せかいらしていく

夜明よあけをって えちゃうまえ
もう一度いちどしかった明日あした

さぁ