「Sign of the innocence」の歌詞 trf

1999/5/19 リリース
作詞
MASAO URINO
作曲
HIROFUMI ASAMOTO
文字サイズ
よみがな
hidden
うわのそらでキスされながら きみ少年しょうねんだったころ
想像そうぞうした はだかあし かぜかれ

ひざについたすなはらうとほしにおいだがした
きみ可憐かれんたましいれているようさ

Sign of the Innocence なつてへあのきみげたフリスビー
何度なんどゆめにつまずいてもあの青空あおぞらつづけてる

まちうえまってるくも競技場きょうぎじょうかりがうつ
かぜくたび歓声かんせいなみとど

きみうまでそんなふうに世界中せかいじゅうからのこされ
世界せかいそときている気持きもちがしていた

Sign of the Innocence そらぎる隕石いんせきみたいに孤独こどく
きみゆめ成功せいこうではなくて少年しょうねんでいること

Sign of the Innocence なつてへあのきみげたフリスビー
どんなひときみがなってもあの青空あおぞらつづけてる

少年しょうねんあこがれがいつまでもえぬように
このほし片隅かたすみひそやかにつづいている Quiet Revolution

誠実せいじつって言葉ことばくとなぜこんなにかなしくなるの
きみがはにかむときせるその笑顔えがお

Sign of the Innocence そらぎる隕石いんせきみたいに孤独こどく
きみゆめ成功せいこうではなくて少年しょうねんでいること

Sign of the Innocence なつてへあのきみげたフリスビー
きずだらけでいろあせてもあの青空あおぞらつづけてる

清潔せいけつたましい透明とうめいみずのように
眼差まなざしにあふれてるそのシャツにけてえる

少年しょうねんあこがれがいつまでもえぬように
このほし片隅かたすみひそやかにつづいている Quiet Revolution