「starlet」の歌詞 universe

2011/10/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
にじ世界せかいなかつよかがやはなつもの
それだけをしんじて

夕闇ゆうやみ騒音そうおんつつむ このまちなか
交差こうさするひとごみをわたれば 不意ふいそろっている足並あしな

いかけていくたび とおざかるような矛盾むじゅん

あの日擦ひすりむいた傷跡きずあとぬぐえない物語ものがたり
じればそこにあってはなれないから
したまちのはずれ なにこえないように
みみふさいだんだ

得意とくいだったつくわらいまもやってのけるけれど
ごまかせないおもいがこのおくたしかにみゃくっていたから

しかったものは模範もはんなんかじゃなくて きる実感じっかん

いつかまもりたいものがえて まもりたかったものに
わる狭間はざまれてた しろくろじゃなくて
言葉ことばにならないさけびがずっとうずいてても
世界せかいまわっていく

ひびおと心臓しんぞうらす
自分じぶんにしかえないひかりがある』って
まよ彷徨さまよってまってしまっても
ぼくらをみちびいてくれる

えない

あの日擦ひすりむいた傷跡きずあとぬぐえない物語ものがたり
じればそこにあってはなれないけど
こたえがないからこそ いまきてゆけるから
やみのそのこうへ

ぼくらがつむ未来みらい見失みうしないかけたゆめ
何度なんどだってやりなおせる きみるから
にじ世界せかいなかつよかがやはなつもの
それだけをしんじて すすむよ