1. 十六夜の月歌詞

「十六夜の月」の歌詞 w-inds.

2005/8/31 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
justジャスト forフォー youユー
季節きせつ色付いろづけるおも
いつかえなくなるとりながら
きみあいした

かぎりあるとき砂浜すなはま二人ふたり
あてもなくあるくようなこいだった
さかさにくつからこぼれたのは
あつ刹那せつな …きっときみってた

だれかのわりでも ぼくはよかったよ…ずっと
あの時君とききみいてた?「ゴメン」とぼくげて

あお欠月つきひとりの影伸かげのばし
きみ面影おもかげだけらす
justジャスト forフォー meミー
季節きせつせつける理論セオリー(theory)
あいちてはけてくもの、と
十六夜いざよいつき

下弦かげんわりゆくつききみてる?
あの日君ひきみはなしてたひと

出逢であいがはやければ…」きみいかけた言葉ことば
ぼくむねけるよ いまも…きっとふゆ

あさねむりで ゆめせつない
きみかなしく微笑わらうから
justジャスト forフォー youユー
もう二度にどうたえない旋律メロディー(melody)
あの「さよなら」さええなくて
きみはなれた

なつえすぎた太陽たいようしずむから
げたようなにおいがするんだ…autumnオータム

すこさむくて 羽織はおった上着うわぎでは
おもめられなくて

あお欠月つきひとりの影伸かげのばし
きみ面影おもかげだけらす
justジャスト forフォー meミー
季節きせつせつける理論セオリー(theory)
あいけるからうつくしい、と
十六夜いざよいつき