1. 流星群のように歌詞

「流星群のように」の歌詞 yudai,GUMI

2012/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一人見上ひとりみあげた夜空よぞら
ひとぼしながれた
あまりれないそれは
つよがったそらながしたなみだえた

クルクルくるったように
まわる時間じかんなか
キラキラきらめくおもいは
まだ呼吸こきゅうをやめない

とどけ
夜空よぞらをかける流星群りゅうせいぐんのように
さきなどらないぼくこえ
とどけ
むね内側うちがわのモヤモヤも
希望きぼうひかりにかえて今歌いまうたうから

まちいろどるネオンに邪魔じゃまされて
またひとつのながぼしえていく
非難中傷ひなんちゅうしょうがあふれるこの世界せかい
だれかのねがいをせて

とどけ
そのさき地獄じごくのような世界せかい
くちおおきくけてっていても
とどけ
かぞえきれないほどのいたみもすべかかえて
とどけ
夜空よぞらをかける流星群りゅうせいぐんのように
さきなどらなくたっていいさ
こえをからして ぼくうたつづけるんだ