1. 林檎売りの泡沫少女歌詞

「林檎売りの泡沫少女」の歌詞 yukkedoluce,GUMI

2013/1/9 リリース
作詞
ゆっけ
作曲
ゆっけ
文字サイズ
よみがな
hidden
とおとおときて そこにまうひとみな
永遠えいえんいのちをもつ世界せかいでのはなし
あかした La La Lu La まれながらに
のろいがかけられた少女しょうじょはなし

色付いろづいた街外まちはずあおひか湖畔こはん あかのお菓子屋かしや
ちょっぴりさむくなった今日きょうみょうほこらしげ 自信作じしんさくりにゆく
ってて 今度こんどこそ 美味おいしいんだから

時計塔とけいとうえるいち おどろいた
めずらしくにぎやかね La La Lu La Lucky!!
物憂ものうげなまちすみ ひとり
あかのパイどうですか 自信作じしんさくなの

そんなのひとつもれないさ 少女しょうじょさげす人達ひとたち
みんなとなにわらないのに 美味おいしくできたのに

今日きょうこえとどかないのね
まるで透明とうめいになったみたいだわ
そうしてだれもがらぬりをした
何故なぜなら少女しょうじょのろわれているから
んだ世界せかいただひとりきていた少女しょうじょはなし

なべでアレンジパイとにっこりスマイル
少女しょうじょはまだあきらめない
時計塔とけいとうはりそらして おなかるそんなとき

ふとうしろからひと少女しょうじょあまかごちる
菓子かし人達ひとたち 平気へいきかおしてさ
みじめにひろあつめる ふともうひとりの
どろどろのパイをおもむろくちれて「おいしいね」

そのこえこころあふれた
まるで輪郭りんかくえがいたみたいだわ
そうしてかれした
何故なぜなら少女しょうじょのろわれているから
んだ世界せかいただふたりきていたとお物語ものがたり

まち人達ひとたちあわれむ あかべてのろわれたもの
永遠えいえんきられずにぬのさ 嗚呼ああなんて可哀想かわいそうはなし

ふたりはわらう それでもわら
La La La とっても素敵すてきのろいね
たと明日死あしたしんでも『いま』がたしかで大切たいせつになるから

もうこえとどかないのね
まるで透明とうめいになったみたいだわ
そうしてだれもがらぬりをした
何故なぜなら世界せかいのろわれているから

永遠えいえん』ののろいはかれていた
まるでふたりのほうくるったみたいだろう
そうしていつかわらうようにねむ
何故なぜならふたりははなたれているから
んだ世界せかいただふたりだけがしあわせだった