1. ロックチャートで堂々の1位!!ストーン・サワー 6thアルバム『ハイドログラッド』を世界同時リリース!

ロックチャートで堂々の1位!!ストーン・サワー 6thアルバム『ハイドログラッド』を世界同時リリース!



ストーン・サワーが待望のニュー・アルバム『ハイドログラッド』を6月30日にロードランナーから世界同時リリースを行った!

ロードランナーから世界同時リリース!

プロデューサーにジェイ・ラストン(アンスラックス、スティール・パンサー)を迎え、カリフォルニアはノース・ハリウッドのSphere Studiosにてレコーディングを行った今作は、すでにユーモラスなミュージック・ビデオが話題となり視聴回数500万回目前まで迫っている「ファビュレス」、プロモーション来日時に地上波に生出演しアコースティック・パフォーマンスをしたのが記憶に新しい「ソング#3」、そして着飾らない自然体の姿で迫力あるパフォーマンスを見せつけてくれるスタジオ・ライブ動画が公開中の「マーシー」の他、日本盤ボーナストラックとして特別収録されているヴァン・ヘイレンのカヴァー「アンチェインド」、新曲「バーン・ワン・ターン・ワン」など全17曲のロックが詰まりに詰まった必聴のアルバムとなっている。

「ファビュレス」ミュージック・ビデオ


「ソング #3」 ミュージック・ビデオ


「マーシー」スタジオ・ライブ


このアルバムの発売を記念して、日本のファンに向けて、コリィ・テイラー(vo)からアルバムについて、注目して聴いてもらいたいコメントが届いている。

「タイトル曲の 「ハイドログラッド」。これはマジでいい。ドロドロしてて、ぜんぜん違った感じのヘヴィさがある。それと「セントマリー」はすごくきれいな、俺に言わせればカントリーソングだな。

メロディの豊かな重なり具合がすごくいいし、一緒に歌ったら最高だろうね。
あと「ローズ・レッド・ヴァイオレント・ブルー」。もう堂々たるロックの名曲さ。色んなところへ運ばれていく感じ。それが盛り上がるサビのメロディに集約されるんだ。ライヴでやるのが俺もすごく楽しみだ。」

そんなストーン・サワーはこのニュー・アルバムを引っ提げて、9月に来日ツアーを控えている。

ライブ、そして先日のプロモーションと、何度も来日経験のあるコリィは9月の公演に向けて日本語も交えてこうコメントしてくれた。

「もうずっと長く応援してくれているのに、俺たちが日本に来るたびにどんどんビッグに、どんどんんエキサイティングに盛り上がってくれるみんなに向って俺から言えるのはただ、もう…アリガトゴザイマァス。

みんながいてくれて本当に、本当に嬉しい。次の来日でのショウも楽しんでくれよな。」
ストーン・サワーは2002年にリリースしたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムがすぐに21世紀のハード・ロックにおいて重要な作品と認められた。
収録曲「ゲット・インサイド」「インヘイル」の2曲がグラミー賞最優秀メタルパフォーマンス賞にノミネートされた。

続く2ndアルバム『カム・ホワット(エヴァー)・メイ』ではビルボードアルバムチャート初登場5位を記録。収録曲「30/30-150」は再びグラミー賞最優秀メタルパフォーマンス賞にノミネートされた。2006年にはSUMMER SONICにて初来日を果たしている。

2010年には3rdアルバム『オーディオ・シークレシー』をリリース。LOUD PARK 10へ出演、さらに翌年2月には単独来日公演も行った。

4thアルバム『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート1』、5thアルバム『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』は連続したコンセプト・アルバムで、わずか半年での立て続けなリリースとなったが、ビルボード・アルバム・チャートでTOP 10入り記録を更新した。

2014年にはギターのジム・ルートが脱退。2015年にはカヴァーEP『ストレイト・アウタ・バーバンク』をリリース、バッド・ブレインズやアイアン・メイデン、ザ・ローリング・ストーンズ、モトリー・クルー、スレイヤーといったアイコニックなアーティストの楽曲をカヴァーし、高い評価を得ている。

世界中の国でヘッドライン・ツアーやダウンロード・フェスティバル、ロック・イン・リオといった大型フェスティバルで実績をあげ、確固たる人気を築いてきた彼らが、新作『ハイドログラッド』を携えてついに4年振りとなるジャパン・ツアーを9月に実施する!

ストーン・サワー:コリィ・テイラー(ヴォーカル)、ジョッシュ・ランド(ギター)、ロイ・マイヨルガ(ドラム)、ジョニー・チョウ(ベース)、クリスチャン・マルトゥッチ(ギター)

STONE SOUR 最新情報

リリース情報

ストーン・サワー
ニュー・アルバム『HYDROGRAD / ハイドログラッド』
発売日:6月30日
品番:WPCR-17803
価格:2,200円+税

1. YSIF / YSIF
2. Taipei Person/Allah Tea /タイペイ・パーソン/アラー・ティー
3. Knievel Has Landed / ナイベル・ハズ・ランデッド
4. Hydrograd / ハイドログラッド
5. Song #3 / ソング #3
6. Fabuless / ファビュレス
7. The Witness Trees / ザ・ウィットネス・ツリーズ
8. Rose Red Violent Blue (This Song Is Dumb & So Am I) / ローズ・レッド・ヴァイオレント・ブルー(ディス・ソング・イズ・ダム・アンド・ソー・アム・アイ)
9. Thanks God It's Over / サンクス・ゴッド・イッツ・オーヴァー
10. St. Marie / セントマリー
11. Mercy /マーシー
12. Whiplash Pants / ウィップラッシュ・パンツ
13. Friday Knights / フライデー・ナイツ
14. Somebody Stole My Eyes / サムバディ・ストール・マイ・アイズ
15. When The Fever Broke / ホエン・ザ・フィーヴァー・ブローク
16. Burn One Turn One / バーン・ワン・ターン・ワン *日本盤ボーナストラック
17. Unchained / アンチェインド *日本盤ボーナストラック
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/HydrogradAW

ライブ情報

■来日公演
東京
2017年9月4日(月) Zepp DiverCity
2017年9月5日(火) Zepp DiverCity

名古屋
2017年9月7日(木)Zepp Nagoya

大阪
2017年9月8日(金) Zepp Osaka Bayside

1Fスタンディング ¥6,000
2F指定席 ¥6,800
(税込・入場時別途ドリンク代)
※6歳以上有料 / 6歳未満入場不可
https://www.hipjpn.co.jp/live/ss/

新生“FES☆TIVE”初のシングル「…

再結成10周年を迎えたD'ERLANG…