1. 史上最短!? 80秒の映画祭! 大阪・八尾市で「やお80"映画祭2016」が作品受付開始!

史上最短!? 80秒の映画祭! 大阪・八尾市で「やお80"映画祭2016」が作品受付開始!




80秒で何が出来る?
「水中に顔をつけて我慢できる」「寝付くまでにはそれだけあれば楽勝」「10分どん兵衛!…の用意はできるかな」いろいろ想像が出来る。そしてあれこれ想像している時が80秒もないことに気がつくだろう。意外と80秒というのは長いのだ。
そんな80秒で映画祭をしてみよう!と、立ち上がったのが「やお80"映画祭」だ。
「80」つまり、「やお」で、今年3月27日に開催される。

映画を作るには、ストーリーがいる。作る仲間がいる。そしてこの時間内にぎゅっと納めるテクニックが実はいる。尺を気にしないでただただ動画を撮っている人は、この80秒以内に納めることの難しさと、編集をしながら頭をかきむしり悩む苦悩を是非体験して欲しい。

募集するのは2つの部門だ。「やお映画部門」と「フリー映画部門」。
●やお映画部門
・上映時間(エンドロール含む)が80秒の映画作品であること
・八尾市をロケ地(オールロケでなくて可)、もしくは内容の一部に八尾の特産物が含まれた作品。
・八尾市の魅力が引き出された作品。
・内容は自由であるが、コンセプトやテーマが表現として成り立っていない動画は不可。
※出来る限りドラマ性・ストーリー性のあるものが好ましい。
※明確なストーリーがなくても、映像表現として訴えかけるものがある作品は可。

●フリー映画部門
・上映時間(エンドロール含む)が80秒の映画作品であること。
・映画の定義は広く応募者の解釈によるものとし、実写(フィクション、ドキュメンタリー)、CG、アニメーション等を問いません。
・内容は自由であるが、コンセプトやテーマが表現として成り立っていない動画は不可。
※出来る限りドラマ性・ストーリー性のあるものが好ましい。
※明確なストーリーがなくても、映像表現として訴えかけるものがある作品は可。

応募締め切りは、2016年2月25日(木)消印有効。DVDでの提出だ。
詳しい応募規約・応募方法は公式ホームページを参考の事。


やお80"映画祭2016ホームページ



80秒あれば、恋にだっておちますよ・・・

片平里菜、SCANDAL参加「Part…

放課後プリンセス セカンドシングル「純…