スティング、新曲「50,000」制作のきっかけは”プリンスの死没”



スティングが、11月11日(金)リリースのニューアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』(原題:57th & 9th)から新曲「50,000」の先行配信を開始した。

この曲はプリンスが亡くなった週に書かれ、プリンスやデヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、レミー・キルミスターら、仲間でありアイコン的存在だった彼らが亡くなったショック、それによって自分の運命について自問したというスティングの思いが綴られた楽曲だ。「新作は、ここ数作よりも、よりロックなアルバムだ」と自身で語るアルバムが一体どのような内容になっているのか、今回配信開始となった1曲から感じ取りつつ、アルバムの発売を楽しみにしよう。


なお、新作発売を前に、9月30日(金)にはスティングのソロアルバム8枚をまとめた初のアナログ・ボックス『The A&M Studio Collection』が発売されるが、これを記念してスティングが各アルバムについて語る動画が公開された。ユニバーサルミュージック公式Facebookページにて毎週1枚ずつ日本語訳が公開されているので、こちらも是非チェックしてほしい。

▽Universal Music Japan International
https://www.facebook.com/um.inter/

Sting 最新情報

リリース情報

『ニューヨーク9番街57丁目(ジャパン・ツアー・エディション)』 発売中
SHM-CD:UICA-9036 / \2,800+税
★日本のみのリリース ★限定盤 ★三方背スリーブ仕様
https://umj.lnk.to/57th_9thPR

<アーティスト情報>
http://www.universal-music.co.jp/sting/

<来日公演日程>
57TH & 9TH TOUR
東京公演 6/7(水)・8(木) 日本武道館

大阪公演 6/10(土) 大阪市中央体育館

http://udo.jp/concert/Sting

Lily’s Blow、10代最初で最…

感涙の理由は? 放課後プリンセス初Ze…