RADWIMPS 新海誠監督による「スパークル [original ver.] –Your name. MVedition-が映画「君の名は。」の感動を追体験できると話題に!!



2作連続1位獲得!!

11月23日にリリースしたRADWIMPSのニューアルバム『人間開花』が、12月5日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。今年8月にリリースし、発売から2週連続で1位獲得、12週連続でTOP10入りのヒットとなったアルバム『君の名は。』に続き、2作連続の1位獲得となった。

ニューアルバム『人間開花』には、映画『君の名は。』の主題歌の「前前前世」「スパークル」のオリジナルージョンを含む全15曲を収録。

初回限定盤DVDには、昨年12月23日(水・祝)に幕張メッセにて行われた10周年記念ワンマンライブ「 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」から、厳選された13曲のライブ映像に加え、新海誠監督による「スパークル [original ver.] –Your name. Music Video edition- 」のミュージックビデオが収録されているが、この映像が映画『君の名は。』の追体験ができるということで話題となっている。

新海誠監督が「スパークルMV、RADWIMPSと観客の皆さんへのお礼のつもりで、全力で作りました」、と語るこのMusic Videoは、映画『君の名は。』を「スパークル [original ver.]」に寄せて編集したもの。
楽曲、時に歌詞に寄り添って展開される映画の名シーンの数々に、観終わった後に映画「君の名は。」の感動が蘇ること必至である。また、このビデオのために新たに描き下ろしたカットも登場している。その描き下ろしカットのうちの一つが以下の2つのシーン。

「互いの砂時計 眺めながらキスをしようよ」
と言う歌詞に合わせて、瀧と三葉がそれぞれの部屋で物憂げに砂時計を眺める様が描かれている。その他にも数カット、描き下ろしカットが含まれており、エンディングに大絶賛の感想が続々WEB上に溢れている。
キャラクターデザインを手がけた田中将賀氏はtwitter上で本MVについて以下のように語った。

「是非、映画を観てからスパークルoriginal ver.フルバージョンのMV観て下さい。この内容にした新海さん、GOサイン出した関係各社、粋ですな!ラスト観て皆さんであれこれ想像していただけると嬉しいです。」

そんな新海監督の感謝の想いに応えるように、12月31日大晦日に行われるNHK「第67回NHK紅白歌合戦」に出演することが決定したRADWIMPSは「映画をご覧になってくださった方、僕たちをはじめて知ってくれた方、そしてずっと応援してくれているファンの方への感謝の気持ちで当日は演奏したい」と、紅白出場に際してのコメントを寄せている。

さらにニューアルバムの初回盤・通常盤には、ともに2017年に開催される全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」のチケット特別先行受付(抽選)の案内シートが封入されている。応募受付期間は12月4日(日)23:59までとなっており、ソールドアウト必至のライブチケットが入手できるチャンスなので、ぜひ早めにチェックを!


■スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition- 予告編
from new album「人間開花」初回盤DVD

番組出演情報

■NHK 「第67回NHK紅白歌合戦」
放送日時
2016年12月31日(土)午後7時15分~午後11時45分 
http://www.nhk.or.jp/kouhaku/

RADWIMPS ツアー情報

RADWIMPS
Human Bloom Tour 2017

2月25日(土)
福岡 マリンメッセ福岡
2月26日(日)
福岡 マリンメッセ福岡

3月2日(木)
愛媛 愛媛県武道館
3月7日(火)
神奈川 横浜アリーナ
3月8日(水)
神奈川 横浜アリーナ
3月11日(土)
大阪 大阪城ホール
3月12日(日)
大阪 大阪城ホール
3月18日(土)
北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月25日(土)
宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
3月26日(日)
宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)

4月1日(土)
愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月2日(日)
愛知 名古屋 日本ガイシホール
4月8日(土)
広島 広島グリーンアリーナ
4月9日(日)
広島 広島グリーンアリーナ
4月15日(土)
福井 サンドーム福井
4月22日(土)
兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月23日(日)
兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月29日(土・祝)
埼玉 さいたまスーパーアリーナ
4月30日(日)
埼玉 さいたまスーパーアリーナ

5月9日(火)
東京 日本武道館
5月10日(水)
東京 日本武道館

※「人間開花」CD購入者限定チケット先行受付(抽選)を行います。
受付期間:11/23(水・祝)12:00〜12/4(日)23:59まで
詳細はCD封入のご案内シートをご覧下さい。

購入者対象企画
■『「いいんですか?」のビデオ、やりなおしても「いいんですか?」~雨天中止!?~』
実施予定日:2016年12月17日(土)
実施場所:東京都内某所
募集人数:250組500名様
応募締切:2016年12月4日(日)23:59まで
※詳細はオフィシャルHPにてご確認ください。

最新ミュージックビデオ

■RADWIMPS 「光」 ミュージックビデオ


<アルバム全曲ダイジェスト>
■RADWIMPS「人間開花」アルバムダイジェスト


▼アルバム「人間開花」特設ページ
http://radwimps.jp/ningenkaika/

RADWIMPS 配信情報

■RADWIMPS「人間開花」
iTunes、レコチョクほか配信サイトで配信中

iTunes
http://po.st/itHumanBloom

レコチョク
http://po.st/reHumanBloom

作品概要

RADWIMPS
完全受注生産限定アナログ盤
・「君の名は。」
UPJH-20004/5

・「人間開花」
UPJH-20006/7
重量盤2枚組(33 RPM) 各4,800円(税別)

2017年2月22日発売
予約開始 11月14日(月) / 予約締切 12月23日(金)

RADWIMPS 新作アルバム商品概要

RADWIMPS new album
「人間開花」

2016.11.23(水・祝) 発売

初回限定盤
CD+DVD 4,500円+税
UPCH-29241

通常盤
CDのみ
3,000円+税
UPCH-20436
RADWIMPS LIVE TOUR 2017 チケット特別先行受付(抽選)のご案内シート封入

<収録楽曲>
01. Lights go out
02. 光
03. AADAAKOODAA
04. トアルハルノヒ
05. 前前前世 [original ver.]
06. ‘I’ Novel
07. アメノヒニキク
08. 週刊少年ジャンプ
09. 棒人間
10. 記号として
11. ヒトボシ
12. スパークル [original ver.]
13. Bring me the morning
14. O&O
15. 告白

<初回盤DVD track list>
・「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」のまとめ
at 幕張メッセ国際展示場4〜6ホール (2015.12.23)
01.トレモロ
02.ます。
03.透明人間18号
04.億万笑者
05.π
06.有心論
07.ピクニック
08.25コ目の染色体
09.DADA
10.いいんですか?
11.君と羊と青
12.会心の一撃
13.ふたりごと

・スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition-

■「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」のまとめ
Trailer from 11/23 release new album 初回盤DVD


RADWIMPS最新配信情報

「RADWIMPSのはじまりはじまりのまとめ」
2015年12月23日に幕張メッセで開催されたワンマンライブ“RADWIMPSのはじまりはじまり” で演奏されたセットリストから厳選セレクトした13曲を、サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス(Apple Music、LINE MUSIC、Google Pray Music、AWA、dヒッツほか)にて配信中。

◆「RADWIMPSのはじまりはじまりのまとめ~みんなのライナーノーツ~」
http://radwimps.jp/hajimari2matome/

RADWIMPS BIOGRAPHY

野田洋次郎(vo/gt/pf), 桑原 彰(gt), 武田祐介(ba)
(Dr 山口智史は持病の悪化のため活動休止中)

2001年結成、2005年メジャーデビュー。
ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織りこまれ、「ジャンル」という既存の枠組にとらわれない音楽性。恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンティックに描き出した歌詞。
大きなメディア露出がなかったにもかかわらず、ライブと口コミで着実に広がり、シングル「オーダーメイド」「DADA」ではオリコン・ウィークリー・チャート1位を獲得、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。

メジャーデビュー10周年を迎えた2015年は、次なる大きな飛躍を感じさせる一年と成った。
ボーカル・ギターの野田洋次郎は、初となるエッセイ「ラリルレ論」(文藝春秋社)を上梓し、ベストセラーとなる。また、初出演・主演を務めた映画「トイレのピエタ」では毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し多彩な才能を発揮した。

バンドとしては、秋に初となるヨーロッパツアー(パリ/ケルン/ベルリン/ロンドン)と二度目のアジアツアー(ソウル、台北)を敢行 (同時期にDr. 山口智史が持病の悪化により活動を休止)。帰国後は敬愛するアーティスト(米津玄師/きのこ帝国/plenty/LOVE PSYCHEDELICO/ゲスの極み乙女。/ハナレグミ/クリープハイプ/Spitz/いきものがかり/ONE OK ROCK/Mr.Children)を迎えて、こちらも初となる対バンツアーを実施。
年末には幕張メッセでワンマンライブを行い、3万人強のオーディエンスを熱狂させた。これらのツアーを追ったドキュメンタリー映画「RADWIMPSのHESONOO」を2週間限定劇場公開し話題となった。

そして2016年夏公開の、アニメ映画「君の名は。」の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得ている。映画は大ヒット公開中。世界89の国と地域での配給も決定している。

RADWIMPS Official HP

http://radwimps.jp/

ココロオークション自主企画「PREMI…

夜の本気ダンス、セクシーダンサーに絡ま…