全国制覇を果たしたら年中無休に!? ボイメン、2016年を締めくくるアルバムのリリースイベントで今年の四字熟語を披露!



12月14日にメジャーレーベル契約第1弾アルバム『威風堂々〜B.M.C.A〜』をリリースしたイケメンユニットBOYS AND MENが、同日、お台場ビーナスフォートの教会広場にて発売記念イベントを行った。


会場には平日にもかかわらず2000人ものファンが駆けつけ、広場に入りきらず遠くからイベントを見守るファンもいたほどだ。

リーダー水野勝が「みんなに魂を込めてぶつけたいと思います!」と意気込み「NO LIMIT」で幕を開けたミニライブは、早速アルバムより「BOYMEN NINJA」、合いの手に方言を交えた「YAMATO☆Dancing」、氣志團が楽曲提供した、歌詞が全面四字熟語の「GO!!世侍塾GO!!」、西城秀樹の「ヤングマン」をボイメンバージョンで送る「ヤングマン〜B.M.C.A〜」が男気満載で披露された。


今年の初め、イベントにて吉原雅斗が四文字熟語の書き初めを披露した時選んだ言葉は“全国制覇”で会ったが、そんな2016年の意気込みを今年1年で実現してきた彼ら。2016年の終わりを迎えようとしている今日、同じく吉原雅斗による書き初めならぬ書き締めが行われた。「今年はありがたいことに毎日お仕事があったので」と、平松賢人の提案で“年中無休”などの四文字熟語も挙がったが、吉原が選んだのは“衣装新調”。今年、衣装の学ランの種類が増えたことへの喜びを表した。

そのままトークタイムに移ると、今年の活動について聞かれた小林豊は、「レコード大賞新人賞を受賞を目標にしてきたので、受賞を聞いた瞬間はみんなウォー!ってなりました。」とレコ大新人賞受賞のエピソードを。
そして来年1月7日に武道館ライブ「ライブ2017 武道館だよ!全員集合!」が決まっていることに対して意気込みを聞かれると田村侑久は「ずっと憧れで夢の聖地だったので本当に嬉しいんですけど、それと同時に応援してくださったファンの皆さんや関係者の皆さんにやっと恩返しができると思うので、武道館では応援してきてよかったなって思ってもらえるように頑張りたい気持ち。」と語った。

最後にニューアルバムについて聞かれると本田剛文は「まさにボイメンの説明書といったアドレスです。」と“アルバム”と“アドレス”を言い間違えるミスもあったが、メンバーにツッコミを入れられると「いや〜、あの、伸びしろですね!」と同じ名字の本田圭佑の名台詞で切り返し会場を爆笑の渦に巻き込んだ。



この日、メンバーにもサプライズで用意されていたものがあった。ボイメンがカバーした「ヤングマン」の本家、西城秀樹からの応援メッセージが届いているというのだ。

「時代を超えて未だヤングマンが歌い継がれていくこと、大変嬉しく思います。
私も30年以上に渡り歌い続けていますが、日本人なら誰でも知っている曲とアクションだということを実感します。
ひとつアドバイスを。
ヤングマンは誰よりもやっている本人が一番楽しむこと。
それがお客さんとの空間を作る、そんな曲です。
頑張ってください。応援しています。」

こんなクールでパワーのある西城秀樹からのメッセージにメンバーは驚きを隠せない様子。このメッセージを受けて水野勝は「もっともっとこの曲を愛して みんなを元気にしていきたい」と改めて決意を語った。

最後にファンとの記念撮影を終え、イベントは終了。まさに“男気”といった言葉がぴったりの彼らのパフォーマンスはボーイズグループになじみのない層まで元気を与える。来年からの活躍にも期待したい。


Photo&Text:愛香




BOYS AND MEN Profile

2010年に結成された東海エリア出身・在住の10人組エンターテイメント集団。現在、東海地方を中心にテレビ・ラジオのレギュラーは10本以上と幅広く活躍中。
歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなす。
2016年にリリースされた「BOYMEN NINJA」「Wanna be!」「YAMATO☆Dancing」の3作が連続オリコンデイリーチャートで1位を獲得、東海地方を代表するボーイズグループとして話題となっている。

幸田もも子&koma’n がコラボした…

BEGINと桐谷健太が初コラボした「海…