きゃりーぱみゅぱみゅと中田ヤスタカのソロ最新作によるダブルA面スプリット盤シングルのアートワーク解禁!



2011年夏に中田ヤスタカプロデュースでデビューを飾り、5周年となる2016年は、年始から5周年をド派手に日本を盛り上げていくと”5つのたくらみ”を決意表明したきゃりーぱみゅぱみゅだが、3度目のワールドツアー『KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016』、初めてのベストアルバム「KPP BEST」のリリースなど勢力的に活動している。

一方、中田ヤスタカは、10月に、現在大ヒット公開中の映画『何者』主題歌「NANIMONO (feat.米津玄師)」をリリース、iTunesやApple Musicチャートなどで異例の配信ヒットを記録し、Spotify 2016年度のジャパンランキングでは「日本で最も再生された日本の楽曲」で1位を獲得、「日本国内で最も再生されたアーティスト」でも中田ヤスタカが2位にランクインした。

そんなふたりが、11月10日ZEPP名古屋を皮切りにスタートした、“〜SPECIAL DJ✕LIVE ZEPP TOUR 2016〜 「YSTK×KPP」”の開催を記念し、来年1月18日には、中田ヤスタカのソロ名義と、きゃりーぱみゅぱみゅ名義の新曲を収めるダブルA面スプリット盤シングルに発売することを発表!!ふたつのアーティストの作品を一片に堪能できる新しい形のシングルを完成させた。

そしてこの度、そのアートワークが収録内容に先駆けて解禁となった。今作のアートディレクターは、これまできゃりーぱみゅぱみゅの作品のデザインを全て行ってきたスティーブ・ナカムラが担当、中田ヤスタカとの初タッグとなった。

YSTK×KPPのツアーでのキーカラーと連動した、赤と黒でデザインしたジャケットは90年代に主にシングルとして発売されていた8センチシングルをイメージした作品になっている。

ブックレットからCDの裏側までリアルに8センチシングルを再現した作品になっている。中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅの初のツーマンツアー「YSTK×KPP」の流れを汲んだ豪華なシングルに仕上がっているので、期待してほしい。

また、中田ヤスタカ名義の参加海外アーティストや収録内容は、追って発表を予定している。

中田ヤスタカ Profile

音楽家・DJ・プロデューサー。‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。その独自の音楽性によってシーンを牽引し続けている。プロデューサーとしては、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出した。また、世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティストであり、Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)といった第一線で活躍している彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、海外シーンへの影響力も大きい。国際的なセレモニーへの楽曲提供や、北陸新幹線金沢駅の発車予告音などパブリックな作品の他、ハリウッドを始めとする国内外数々の映画の楽曲制作にも携わっており、映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけているなど、その活動の幅は多岐に渡る。

近年では全国公開の映画「何者」('16)のサウンドトラック、及び主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」 を発表。同楽曲は、Spotify 2016年度のジャパンランキングにて「日本で最も再生された日本の楽曲」で1 位を獲得、「日本国内で最も再生されたアーティスト」でも中田ヤスタカが2位にランクインした。

■中田ヤスタカ オフィシャルサイト
http://yasutaka-nakata.com

クリスマスイブはミナミアイドルフェステ…

めちゃかわいくね!?倉木麻衣描き下ろし…