柔道家でタレント・篠原信一(43)の長女・海帆さん(20)が、最強の地下アイドル「仮面女子」入りか!?



18日、東西仮面女子リーダー・桜のどか&仮面女子候補生WESTメンバーとともに、大阪市中央区の専用劇場「仮面女子シアター」のお披露目お祝い式典に参加した篠原は、「夏だね☆」でタオルを回しながら登場。ファンの拍手、歓声を受けながら、現役時代と変わらぬ身のこなしをみせた。



ライブ終了後、気を良くした本人は、仮面女子入りを希望したが、顔が大き過ぎてマスクに収まらないという理由で、轟沈。「シアターの外側にある仮面を被らせてよ」と食い下がったが、これもあえなく、メンバーからダメ出しを食らった。

それなら、ということで「娘ならどうか?」と話が盛り上がった…。。190センチ、体重135キロの篠原の長女・海帆さん(男の子は3人)。さぞやビッグサイズかと思いきや「目元がちょっと似ているほかは、全く似てませ~ん。一緒に歩いていても、誰も娘とはわからないでしょう」とニンマリ。

さらに、驚いたことに身長は156センチとスモールサイズ。柔道も全くやっていないという。「娘がやりたいなら、応援します。みんなのライバルになるけどね。強敵だよ」と親バカ丸出しで、うれしそうに語った。

アイドル界の長身、WESTメンバーの上下と篠原さんの身長差がそこまで無かった!?



同シアターは総工費3億円をかけ、「お笑いの殿堂」よしもとナンバ花月から1キロの距離にオープン。12月6日から、営業を開始していた。
ライバルはズバリ、NMB48。篠原は「アイドル同士で切磋琢磨することは、いいこと。関西からアイドル文化を広めて欲しい。また、シアターに遊びに来ます」とエールを送っていた。

THE RAMPAGE from EX…

恥じらいレスキューJPN、新メンバーと…