Zeroから始めたABC。A.B.C-Z『明日の為に僕がいる』に秘められた物語



A.B.C-Zの『明日の為に僕がいる』という曲を、おそらくファン以外に知る人はまだ少ないだろう。この曲は彼らがデビュー前から歌ってきた曲であり、A.B.C-Zというグループの歴史の始まりを飾った曲でもある。

元々は、現在センターに立つ橋本良亮以外の四人のユニット「A.B.C.」から、その歩みは始まっている。ユニット名の由来は「Acrobat Boys Club」。今でもその名に恥じない、ジャニーズ随一のアクロバットパフォーマンスとダンスに特化した実力派として活躍している。

橋本が加入する時点で既にA.B.C.はベテランJr.ユニットであり、固定ファンも多くいた。2008年のとあるコンサート中、突如としてその中へ放り込まれたのが橋本だった。その時に「A.B.C-Z」の結成が発表され、彼が初めてA.B.C-Zとして歌うことになったのがこの曲である。


――――
簡単なことさ 「ABC」から やり直そう (As time goes by)
時間に流され (The only thing that does not change)
大事なもの 見失っていたんだ

君とイスを並べ 夢語り合う日々
思い出が 僕を誘う (I am at loss)
もう戸惑わないで Zeroから歩きだそう
今心に誓うよ 頑張れるさ!
――――


橋本は事前に事情を知らされないまま、曲を覚えて本番に挑んだという。しかし後から振り返ってみれば、この曲は「A.B.C-Z」というものがありきで作られたようにしか見えない。この歌詞のとおり、A.B.C.につけられたZには「Zeroからのスタート」という意味が込められている。

橋本にとってA.B.C.は完全に先輩であり、その彼らと一緒にやっていくというのは相当なプレッシャーであっただろう。同時に、あまりにベテランユニットであったがゆえに当時彼は「デビューできない人達の中に入れられたと思った」と語っている。だが逆に、ユニットとして実力はあれど停滞していたA.B.C.にとって橋本の加入は転機であった。のちにメンバーになる戸塚祥太は当時について、「額縁だったA.B.C.というユニットに橋本という画が入ったということ」と喩えている。

このような「ベテランユニットに若手を入れる」というのはしばしば行われてきたことであり、状況として見ればTOKIOの長瀬智也もこれにあたる。松岡昌宏がまさにユニット時代のTOKIO加入時に橋本と同じようなことを感じていたと同時に、長瀬が加入したときには戸塚と同じようなことを思ったという。若手メンバーの追加はファンにとっては複雑なことだが、彼らにとってはチャンスなのだ。“「ABC」から やり直そう”や“Zeroから歩きだそう”という歌詞に、A.B.C-Zという5人への発展と期待が込められている。

――――
明日とは ただ待つだけじゃない
自分自身で 歩いてくもの
迷う日も 遠回りの日も
明日の為に 続いている

歩き出す 未来に何がある? (Uh...just forever)
それは誰も 知らないけど
わかるのは ただひとつだけさ (Ah...)
明日の為に 僕はここにいる
――――


この曲には、再出発する“僕”の未来への祝福をするとともに、その背中を押すような詞が書かれている。未来に何があるかわからなくても、踏み出す“明日の為に僕がいる”のだ。この“僕”はもちろんA.B.C.であり、橋本であり、そしてA.B.C-Zだったに違いない。

何も持たない者に情けなどかけはしないだろう。A.B.C.には期待をかけられるだけの実力があった。橋本には彼らについていくだけの根性と、埋もれさせておくには惜しい華があった。二つの要素が合わさってA.B.C-Zという絵は完成し、数々の同期や後輩のデビューを見送りながらも2012年、ジャニーズ事務所としては異例のDVDシングルデビューを飾ることができた。


A.B.C-Zはまだまだ発展途上のグループだ。下積みも長かったとはいえ、デビューしてまだ歴史は浅い。そして、これからもっと発展していく可能性を秘めている。

ファン以外にはまだアクロバットのイメージしかないかもしれないが、『明日の為に僕がいる』はバラード曲。これを最初に歌わされることになった橋本は、メインボーカルとして現在ソロコンサートなどを経験しその歌唱力に磨きをかけ続けている、元より歌へのこだわりが熱い男でもある。TOKIO長瀬や関ジャニ∞渋谷などを憧れとして挙げる彼だが、その先輩たちに続けるようなボーカリストに成長してほしいものだ。
この曲を機会にぜひ、A.B.C-Zの違う側面にも注目してみてほしい


TEXT:祈焔(https://twitter.com/kien_inori)

藤林聖子は『バイバイYESTERDAY…

可愛いだけじゃ物足りない。大人の遊び場…