追悼 永六輔「あ、これもそうなの!」これほど生活や人生に密着した作詞家はいない… 誰もが知る名曲6選

作詞家・作家・タレントの永六輔さんが、2016年7月7日、逝ってしまった。
「見上げてごらん夜の星を」を作詞した事でも知られるが、みんなが夜空を見上げる七夕の日に旅立ったことになる。

そんな永六輔さんが私たちに残してくれた楽曲を紹介しよう。
いろいろな人がカバーをしていて、カバーで始めて耳にした方も多いのではないでしょうか。

上を向いて歩こう / 坂本九

落ち込んだ時に口ずさんでしまう。元祖元気を出したいときに聴く曲。
これ以上悪くはならねぇよな。そうして上を向く気持ちにさせてくれる。


遠くへ行きたい / ボニージャックス

何かに打ちのめされたとき、一度がくっと落ちてみる時のテーマソング。
しかし、聴いていたり唄っていると気持ちがあがってくるのだ。


こんにちは赤ちゃん / 梓みちよ

赤ちゃんに語りかけるように唄う。親の気持ちってこんなんだろうなとわかる。
後半ではパパとママの二人の時間も大切にさせてねと語りかけ、クスっとさせる。


いい湯だな / デューク・エイセス

どちらかというとドリフターズのイメージがあるこの曲。
温泉にいって、のんびり湯につかるとほんわか流れてくるこの楽曲が染みる


黄昏のビギン

大人の恋というものを教えてもらった。
艶やかさ、濡れてなど、大人にならないとわからない艶っぽい楽曲。


見上げてごらん夜の星を

最後はこの曲。早回しで動いている社会の中で、時にはゆっくりと自分を見つめなおしてはどうだろう。
そんな気持ちにさせてくれて、人との繋がりや周りの人たちのありがたさを感じてしまう…


片平里菜入門はこれを聴け!「誰にだって…

設定が最初からアバンチュールな一夫多妻…