1. なぜ「捜し物を探しに行く」?きただにひろしが『ウィーアー!』の歌で示した『ワンピース』の世界観

なぜ「捜し物を探しに行く」?きただにひろしが『ウィーアー!』の歌で示した『ワンピース』の世界観

きただにひろしは『ワンピース』のオープニング主題歌で有名になった歌手です。力強い歌声が、アニメ『ワンピース』の幕開けを飾りました。『ワンピース』は、週間少年ジャンプで連載中の大人気漫画のアニメ化作品。何本も映画が制作され、いずれも大ヒットを記録しています。「主人公のルフィがワンピースと呼ばれる財宝を求めて海を冒険する物語である」ということは、この物語を知らない人でも聞いたことがあるでしょう。

2016年7月31日




きただにひろしは『ワンピース』のオープニング主題歌で有名になった歌手です。力強い歌声が、アニメ『ワンピース』の幕開けを飾りました。『ワンピース』は、週間少年ジャンプで連載中の大人気漫画のアニメ化作品。何本も映画が制作され、いずれも大ヒットを記録しています。「主人公のルフィがワンピースと呼ばれる財宝を求めて海を冒険する物語である」ということは、この物語を知らない人でも聞いたことがあるでしょう。

きただにひろしが歌う『ウィーアー!』は、そんな『ワンピース』アニメの最初のOP曲。この作品を象徴する曲でもあります。この主題歌を作詞したのは、作詞家の藤林聖子。仮面ライダーなど特撮の主題歌や、『暗殺教室』などのアニメ主題歌の作詞でも有名なベテラン作詞家です。



“ありったけの夢をかき集め
捜し物を探しに行くのさ ONE PIECE”


このオープニング主題歌は、最初にナレーションが入り、そこからサビのメロディーで曲がスタートします。

印象的なサビのフレーズ。「ありったけの夢をかき集め」という夢のつまった歌詞でスタートします。では、その後に続くのがなぜ「捜し物を探しに行くのさ」という奇妙な歌詞なのでしょうか?ここの歌詞は、宝物ではダメなのでしょうか。音の数では問題ない気がします。

「捜す」の字は、「捜査」のように、存在することが前提としているものを捜す際に使います。ワンピースという宝は実在するんですね。

対して、「探す」の字は「探検」のように、未知のものを探す際に使います。ルフィにとってまだ見ぬワンピースは、冒険や探検を通して「探す」もの。

もし、ここの歌詞が「宝物を探しに」だったら、イメージが限定されてしまうのでしょう。ワンピースの正体はいまだに不明です。作者の尾田栄一郎によれば、具体的なモノである、ということ。古代兵器ではないか?という噂まであります。単に宝物とは簡単に言い切れないものなんですね。このフレーズで「ワンピースという実際に存在するものを、ルフィがさがしにいく物語」であることがすぐ分かるようになっています。

“ポケットのコイン、それと
You wanna be my Friend?
ポケットにロマン、それと
You wanna be my Friend?”


サビの後半のフレーズです。ここで登場する「ポケットのコイン」とは何でしょうか?『ワンピース』では、ポケットのコインが重要になるようなエピソードはありません。これは、「少しのお金」の象徴なんですね。『ワンピース』の第1話では、ルフィは小さい小舟に乗って、海に旅立ちます。この小さい舟こそ、少しのお金の象徴なのです。

ここの歌詞は、後半では「ポケットにロマン」と変わります。冒険に出るのに必要なのは、少しのお金とロマンなんですね。「You wannna be my Friend?」は、ルフィのように表現すれば「お前は仲間になりたいか?」。『ワンピース』という作品を見事にとらえています。

“We are, We are on the cruise!
ウィーアー!”


最後は、「俺たちは航海中だ!俺たちは!」というフレーズでしめます。この曲のタイトルがなぜ「ウィーアー!」なのか。「俺たちは」の後に「航海中だ!」「仲間だ!」「負けない!」といったフレーズがくることを想像させる作りなんですね。聴き手が思い思いの『ワンピース』名場面を思い浮かべられるようにできているのです。

想像力を刺激する主題歌。だから、この曲は何年経ってもずっと人気があるんですね。

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

水瀬いのり『harmony ribbo…

会社名もタイトルになる。相対性理論の『…