Hey!Say!JUMPも唄ったジャニーズ伝統の駆け抜けるポップソング

見てた見てた!と、懐かしくなる楽曲が誰でも必ずあると思う。
NHKで放送中「忍たま乱太郎」の主題歌『勇気100%』もその1つ。
1993年のアニメ放送開始から、20年以上にわたり使用されているのだから耳に残るのも当たり前だ。
しかし、この楽曲がオリジナル版を含め、ジャニーズ事務所に所属する人気グループに歌い継がれていることはご存じだろうか?




オリジナルで歌い上げたのは、光GENGI及び光GENGI SUPER5
彼らの楽曲は放送開始から2002年まで使用されている。
その後に続くのが、Ya-Ya-yah、Hey!Say!JUMP、NYC、Sexy Zoneの後輩グループで、カバー曲ないしデビュー曲として扱われおり、なにかと縁深いポップソングということがわかる。

中でもHey!Say!JUMPは、アニメで一年足らずの使用と、CD化もされていない幻の楽曲。
理由としては、メンバーである山田涼介、知念侑李が同時に所属するNYCがデビュー曲として先にCD化してしまったことが挙げられるらしい。
中山優馬デビューの為とはいえ光GENGI SUPER5に次ぎショートバージョンのみでしか聴けないHey!Say!JUMP
いつか、フルバージョンで聴いてみたいものである。

▽Hey!Say!JUMP「勇気100%」
――――


がっかりして めそめそして どうしたんだい 

太陽みたいに笑うきみはどこだい

やりたいことやったもん勝ち青春なら

つらいときはいつだってそばにいるから

(中略)

そうさ100%勇気 もうがんばるしかないさ

この世界中の元気抱きしめながら


――――

子供の頃、『勇気100%』を聴いても何とも思わなかった

大人になっていく内に自分の限界を知って、配分を覚えて…気付けば誰かとぶつかることさえ面倒になっている自分に気付く。
頑張ってどうにかなるほど、現実が甘くないのはわかっている
しかし、そうやって否定できる事ばかり散りばめた楽曲なのにも関わらず、大人になっても覚えている。

「自分はまだ、こんなものじゃないだろう」

耳に残って鳴り止まないのは、心のどこかでまだ自分の可能性を信じているから
『勇気100%』の想いは信じることを忘れない限り、胸の奥深くにずっと根付き続けるのだ。

当たり前で、でも大切なことを詰め込んだ『勇気100%』
忙しなく進む現実に打ちひしがれそうになっても、この楽曲があれば大丈夫!

どこまでも駆け抜けてゆける可能性を、何度でも教えてくれる。

TEXT:空屋まひろ

Hey!Say!JUMP 掲載歌詞の一覧へ
【勇気100%】の歌詞ページ

みみめめMIMI、約1年ぶりとなるワン…

LAMP IN TERREN アルバム…