トレンディ齋藤、ズラを飛ばしてL'Arcを歌う!ナニワデリック流コラボが今月も実現!【ライブレポート】

この記事の目次
  1. ・ヴィジュアル系にトレンディ齋藤さんが絡む
  2. ・「口達者」〜芸人VSラッパーのMCバトル〜
  3. ・ミサイルマン岩部の武将様はホンモノだった!
  4. ・NANIWAdelicとは?


ヴィジュアル系にトレンディ齋藤さんが絡む

OSAKA MUSEでは、「NANIWA V系連動x吉本芸人」と銘打ち、関西の先頭を走るビジュアル系バンドFoLLoW・FEST VAINQUEUR・真天地開闢集団-ジグザグ・SHIVAの4バンドが終結し、吉本芸人のラフ次元がMCをつとめライブには珍しいトークコーナーを展開した。

トップを飾ったのは年内の解散を打ち出しているFoLLoW。300人超のソールド状態の客席からの声援をうけ登場。演奏が始まると、メロディアスな楽曲を中心にファンを盛り上げていく。Vocal MASASHIのオーディエンスの煽りも絶妙で、NANIWAのビジュアル系バンドの実力を感じさせた。





FEST VAINQUEURは、10/26発売の9th Single「ヒガンバナ~花魁道中~」を披露。センスをもったファンとの一体感が見事なステージをみせる。正確で勢いのあるバスドラムをキーにふたつのギターとベースが見事に絡んでいる。音楽のクオリティの高さをまざまざと見せつけるパフォーマンスを見せつけた。



盛り上がりが最高潮の中、スペシャルゲストのトレンディエンジェル斎藤が金髪のズラをつけて登場。FEST VAINQUEURの曲に絡み、オーディエンスを煽ってダイナミックなヘドバンを披露。



ロングヘアーのヘドバンでライブハウスに竜巻が起こる中、勢い余ってズラが飛びだすと、黄色い声援があちこちからあがる。
もちろん最後は「ぺ!」で締めくくると、観客はもう心を奪われた。両手でハートをつくる声援をうけて齋藤さんは気分がよくなり、更にヒートアップ。





ズラを投げ捨てブルーのキャップを被ると、L'Arc-en-CielのDriver's Highを歌うと言い出した!
FEST VAINQUEURの演奏でDriver's Highを歌うというNANIWAdelicでしかあり得ない瞬間に、オーディエンスはこの日一番の盛り上がりとなった。齋藤さんはマジ美声で歌い、オーディエンスどもに聴かせてやったといえるドヤ顔で熱唱。HALとのツインボーカル状態になり、ビジュアル系とお笑いの化学反応は遂に極まった。




「口達者」〜芸人VSラッパーのMCバトル〜

CLUB DROPでは「口達者」〜芸人VSラッパーのMCバトル〜を開催。
ラップができれば誰でも参加OK!という芸人と一般ラッパーによる熱いトーナメントバトルが繰り広げられた。
ラップバトルのルールは実に簡単。DJが作りだす8小節2ターンのリズムにのせ交互に言葉をぶつけ合い、勝敗は観客の反応で決まるというもの。観客を沸かせることができるのは芸人か?はたまたラッパーか?有名・無名一切関係なく、力のあるものが勝者となる!
DJ 5−ISLANDのキャッチャーなパフォーマンスで最初はノリきれていない人たちを虜にし、早くも会場に一体感を作り出した。
そしてMCの見取り図の盛山とクロスバー直撃の渡邊。解説・審判に大阪アメ村韻踏合組合のHIDADDYが入場し、ウォームアップが十分な観客から盛大な歓声が上がった。



口達者前半戦は玉石混交のバトルとなった。
芸人とは思えないフローとライムを披露するカスタネット善家、「眼をメスで切って一つにしてやるよ」と、もはやラップではなく早口の悪口状態のダークニンゲン 神原。借金1億2千万、父親の借金を地道に返しているとラップで自虐するピン芸人岡田真輝志など芸人サイドもお笑いに走るか本気のバトルで勝負するかに分かれた。
一方、ラッパーも負けてはいない。トップ・オブ・ザ・ヘッド(即興)で魅了したtenD、相手が芸人のためかネタを入れろよと煽りを入れたダテメギリ、最年少19歳のセイリュウは相手のワードにアンサーしかぶせてきたり、UMB大阪チャンピオンのk-razyはラッパーとしての技量を見せた。



エキシビジョンとして3on3のチームラップ対決を披露。
ゲストとしてラップ芸人のとろサーモン久保田が参戦。久保田・盛山・渡辺の芸人チームVS第10回高校生ラップ選手権優勝者じょうチームの豪華なバトルとなった。
第10回高校生ラップ選手権で人気番組「フリースタイルダンジョン」にモンスターとして出演してるT-Pablowを倒したじょう。戦極MCBATTLE第14章でニガリと組んだT-Pablowを、サイプレス上野とタッグを組んで倒したとろサーモン久保田。まさに頂上対決となった。
両者一歩も譲らず切迫した内容についに延長戦へ突入。オーディエンスの盛り上がりも最高潮に達した。結果は勝者久保田率いる芸人チームとなったが、明日が誕生日というとろサーモン久保田は「誕生日にこんなにディスられたの初めて!」とある意味ぼこぼこにされた戦いとなった。



口達者MCバトル後半戦も白熱した戦いが繰り広げられ、勝負が進むにつれレベルとクオリティも増し観客をうならせるラップが多く誕生した。
そして16組の中から勝ち抜いた勝者はなんと芸人のカスタネット善家に。「MC BATTLEでの優勝は初めて」というカスタネット善家には金一封とNGKペア招待チケットが贈られたることになった。芸人VSラッパーという異種ならではの見たこともない戦いに観客も大いに盛り上がり興奮した口達者。観客からも盛大な拍手が送られ芸人VSラッパーのMCバトルは幕を閉じた。

難しい、わからない、何か怖いと思われがちのラップが芸人と掛け合わせることにより親しみと面白さが増した今回の口達者。玄人にはもちろんラップ初心者にもわかりやすく説明してくれるので安心して盛り上がれることができる内容になっている。次回の口達者には何が出てくるのだろうか?楽しみである


ミサイルマン岩部の武将様はホンモノだった!

Music club JANUSではミサイルマン岩部の武将キャラを活かした音楽イベントを開催!
「雨の中、沢山お集まりいただきまして心より感謝申し上げます!!拍手喝采いただこうかぁ!!」と武将様ことミサイルマン岩部が登場すると、「よくぞ、よくぞ参られた!!」とゴエ爺こと浅越ゴエが応える。
ステージの後ろにある太鼓(ドラム)をみて、「あとでちゃんとした人たちが使うのではござらんか?大丈夫でござるか?」と心配顔のゴエ爺をよそに、ドラムを完璧に叩きまくる武将様!
会場から「おぉー」という歓声と拍手があがり、即興で会場を沸かせた武将様は、あっぱれと言わざる得なかった。



トップバッターは、銀狼ことレイザーラモンRG。F1のテーマソングをBGMに華麗に登場だ。武将様、ゴエ爺と共に3人で掛け合いで笑いを生みつつ定番ネタ「あるある言いたい」を披露。
続いてパンクバンド・古墳シスターズが登場。音がなり始めるとすぐ会場の空気が変わり始める。2ndアルバム収録曲の「白い家」を披露。思いの丈を叫び倒すように熱く熱く歌い上げるボーカル。彼らの熱い叫びの歌が続く。僕らは若いバンドだ!これで終われない!これが僕らのやり方だ!といわんばかりに素晴らしい歌声と音で見事に表現しステージをあとにした。



次は、パブリック忍者。彼らは愛と勇気と下心を胸に君を守る公共の忍者だ。忍びのものであるはずなのに、公にでてしまうとてもおもしろい忍者だ。「拙者たちがパブリック忍者でござる!!」と現れ、1曲め「パブリック忍者参上」を披露。
みんなで踊れるダンスナンバーが次々と続く。彼らは本能寺のごとく、どんどん燃え上がり会場を煽っていく。途中には、みんなで踊れる振り付けを町衆(オーディエンス)に伝え一体感がうまれた。



そして、暁音の登場だ。2016年1月に結成され、活動期間が約9ヶ月とかなり若いバンド。注目すべきは彼らのバンド編成。ピアノと和太鼓を取り入れたパワフルなサウンド、太鼓を力強く叩くパフォーマンスは目を見張るものがあった。なかでも、ステージラスト曲に披露した「夜鳥」では締太鼓と和太鼓が響鳴する。
なぜだろうか。和太鼓の音は聴けば心地よさを感じさせる。ボーカルMemeが締太鼓を力強く叩く姿もカッコイイ。そのたびに胸がどんどん高揚していくのがふつふつと感じられた。



熱く楽しいパフォーマンスが繰り広げられ、武将様が宴の終わりを告げようとステージに登場したが、武将様はここまでの宴の熱さがうつってしまい。ちょいとばかし歌いたくなった!!と7万曲の持ち歌の中から数曲披露することに。六本三味線演奏者(ギター奏者)と見事に歌い上げ、最期の宴を締めた。


TXT:苦楽園 京&Utaten
PHOTO:高槻うた (JANUS除く)


NANIWAdelicとは?

大阪のライブハウス10店舗とよしもとクリエイティブ・エージェンシーが、ライブハウスを舞台にした総合エンターテイメントイベント。それが「NANIWAdelic」。
ライブハウスを、音楽だけでない、様々なエンターテイメント誕生の地にできないか。音楽アーティストはもちろんのこと、芸人やパフォーマーも一堂に会し、そこから新しい化学反応を生み出せないか。そんな考えから始まったプロジェクトで、梅田から心斎橋、堺など、大阪広域のライブハウス10店舗に、様々な分野のアーティストが同時に集結。毎月行われていく予定だ。
NANIWAdelic 9/29 出演者

OSAKA MUSE
FoLLoW
FEST VAINQUEUR
真天地開闢集団-ジグザグ
SHIVA
トレンディエンジェル斎藤
ラフ次元

CLUB DROP
見取り図 盛山
クロスバー直撃 渡邊
HIDADDY
からし蓮根 空vsPOPEYEE
イギータ上野vs tenD
ミニ輪入VSカスタネット
おとんどゅ福田VSがーどまん
しみちゃむvsダテメギリ
山家佑介 VS SEIRYU
不男VSダークニンゲン神原
岡田マキシVS K-razy


Music club JANUS
ミサイルマン岩部
浅越ゴエ
レイザーラモンRG
古墳シスターズ
パブリック忍者
暁音


NANIWAdelic公式サイト:http://naniwadelic.com/

キラキラサウンドに隠された深い闇。Mr…

SMAPが見せてくれた「夢」は「嘘」だ…