星野源が『恋』で「一人を超えてゆけ」と歌うのは何か



ミュージシャンであり、俳優であり、文筆家である星野源は、今最も勢いのある男。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、メインキャラである津崎を演じています。星野源は、ドラマの主題歌も担当。『恋』というストレートなタイトルがつけられたこの曲は、ダンスも印象的。ドラマのエンディングで出演者がそろって踊るこのダンスの振付は、Perfumeの振付やリオ五輪閉会式の振付演出で知られるMIKIKOが担当しています。



“営みの 街が暮れたら色めき
風たちは運ぶわ カラスと人々の群れ
意味なんか ないさ暮らしがあるだけ
ただ腹を空かせて 君の元へ帰るんだ”


この曲の歌いだしです。「カラスと人々の群れ」というフレーズが登場。「カラスが鳴くから帰ろう」という言葉があるように、ここでの「カラス」は夕方、家へ帰る象徴。人々が家に帰る様子を「風たちは運ぶわ」と表現しています。

「いとなみの」「いみなんか」で音をそろえ、「暮れたら」「暮らしが」も絶妙にそろえているところが良いですね。「暮らし」は、もともと「日が暮れるまで色々やること」の意味。音も意味も揃えて、リズムを作っています。この曲のリズムの良さは、こういうちょっとしたところにも表れています。

“みにくいと 秘めた想いは色づき
白鳥は運ぶわ 当たり前を変えながら”


2番では、このように歌詞が変化します。「みにくい」と「白鳥」は、童話『みにくいあひるの子』にかけていることが分かりますね。『みにくいあひるの子』は、醜いと思われていたあひるの子供が、実は美しい白鳥だったという物語。この童話のように、自身を醜いと思っている人も、白鳥のような美しさを秘めているという歌詞。ここで、1番で登場した「カラス」も「みにくいあひるの子」と同様に、疎まれる者の象徴の意味も持っていたことが分かります。この曲は底抜けに明るいにも関わらず、実はこうした暗い弱者にも向けられているのです。

“恋せずにいられないな 似た顔も虚構にも
愛が生まれるのは 一人から”


ここで「虚構」という言葉が登場。恋をする対象は似た顔同士でも虚構でもいいと歌っているのです。さらに、直後に「愛」という単語が登場します。『恋』という曲の中で、何度も「恋」のフレーズが出てきますが、「愛」が出てくるのはこの箇所だけ。何かを愛でる、愛情というのは「一人」の人間が持っているものなのだと言っています。「二人から」というフレーズをわざわざ「一人から」と言い換えている構成。

“夫婦を超えてゆけ
二人を超えてゆけ
一人を超えてゆけ”


この曲の象徴的なフレーズ「夫婦を超えてゆけ」。サビのラストで出てくるこのフレーズは、夫婦というあり方すらも超えてゆけ、それが「恋」だという意味が込められています。ドラマ『逃げ恥』で描かれるのは「契約結婚」。いわゆる恋愛結婚やお見合い結婚とも異なる、仕事としての結婚が描かれます。一般的にイメージされる夫婦関係とは異なる関係。「夫婦を超えてゆけ」という歌詞は、こうしたドラマの内容に沿っているフレーズ。

そして、この曲は終盤で「二人を超えてゆけ」が入り、最終的に「一人を超えてゆけ」として終わります。実は「一人」という概念を強調している曲。恋する対象はなんでもいい。夫婦でなくても男女でなくても虚構でもいい。恋の本質とは「一人を超える力」である。そういうことを歌っているのです。

この曲が多くの人に好かれるのは、ダンスが可愛いから、アレンジが明るいからだけではありません。「一人」という孤独感、「みにくい」という劣等感を持ちつつも、それを超える力を一人の人間が持っていると歌っているからです。不登校を経験した青春時代に、音楽に「恋」した星野源だからこそ、生まれた曲なんですね。



TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

最強の「餅」アンセム! ゲスの極み乙女…

Hey!Say!JUMP『Come B…