星野源が『恋』で「一人を超えてゆけ」と歌うのは何か

ミュージシャンであり、俳優であり、文筆家である星野源は、今最も勢いのある男。

2016年10月30日


この記事の目次
  1. ・星野源 最新情報
  2. ・星野源 Profile


ミュージシャンであり、俳優であり、文筆家である星野源は、今最も勢いのある男。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、メインキャラである津崎を演じています。星野源は、ドラマの主題歌も担当。『恋』というストレートなタイトルがつけられたこの曲は、ダンスも印象的。ドラマのエンディングで出演者がそろって踊るこのダンスの振付は、Perfumeの振付やリオ五輪閉会式の振付演出で知られるMIKIKOが担当しています。



“営みの 街が暮れたら色めき
風たちは運ぶわ カラスと人々の群れ
意味なんか ないさ暮らしがあるだけ
ただ腹を空かせて 君の元へ帰るんだ”


この曲の歌いだしです。「カラスと人々の群れ」というフレーズが登場。「カラスが鳴くから帰ろう」という言葉があるように、ここでの「カラス」は夕方、家へ帰る象徴。人々が家に帰る様子を「風たちは運ぶわ」と表現しています。

「いとなみの」「いみなんか」で音をそろえ、「暮れたら」「暮らしが」も絶妙にそろえているところが良いですね。「暮らし」は、もともと「日が暮れるまで色々やること」の意味。音も意味も揃えて、リズムを作っています。この曲のリズムの良さは、こういうちょっとしたところにも表れています。

“みにくいと 秘めた想いは色づき
白鳥は運ぶわ 当たり前を変えながら”


2番では、このように歌詞が変化します。「みにくい」と「白鳥」は、童話『みにくいあひるの子』にかけていることが分かりますね。『みにくいあひるの子』は、醜いと思われていたあひるの子供が、実は美しい白鳥だったという物語。この童話のように、自身を醜いと思っている人も、白鳥のような美しさを秘めているという歌詞。ここで、1番で登場した「カラス」も「みにくいあひるの子」と同様に、疎まれる者の象徴の意味も持っていたことが分かります。この曲は底抜けに明るいにも関わらず、実はこうした暗い弱者にも向けられているのです。

“恋せずにいられないな 似た顔も虚構にも
愛が生まれるのは 一人から”


ここで「虚構」という言葉が登場。恋をする対象は似た顔同士でも虚構でもいいと歌っているのです。さらに、直後に「愛」という単語が登場します。『恋』という曲の中で、何度も「恋」のフレーズが出てきますが、「愛」が出てくるのはこの箇所だけ。何かを愛でる、愛情というのは「一人」の人間が持っているものなのだと言っています。「二人から」というフレーズをわざわざ「一人から」と言い換えている構成。

“夫婦を超えてゆけ
二人を超えてゆけ
一人を超えてゆけ”


この曲の象徴的なフレーズ「夫婦を超えてゆけ」。サビのラストで出てくるこのフレーズは、夫婦というあり方すらも超えてゆけ、それが「恋」だという意味が込められています。ドラマ『逃げ恥』で描かれるのは「契約結婚」。いわゆる恋愛結婚やお見合い結婚とも異なる、仕事としての結婚が描かれます。一般的にイメージされる夫婦関係とは異なる関係。「夫婦を超えてゆけ」という歌詞は、こうしたドラマの内容に沿っているフレーズ。

そして、この曲は終盤で「二人を超えてゆけ」が入り、最終的に「一人を超えてゆけ」として終わります。実は「一人」という概念を強調している曲。恋する対象はなんでもいい。夫婦でなくても男女でなくても虚構でもいい。恋の本質とは「一人を超える力」である。そういうことを歌っているのです。

この曲が多くの人に好かれるのは、ダンスが可愛いから、アレンジが明るいからだけではありません。「一人」という孤独感、「みにくい」という劣等感を持ちつつも、それを超える力を一人の人間が持っていると歌っているからです。不登校を経験した青春時代に、音楽に「恋」した星野源だからこそ、生まれた曲なんですね。



TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

星野源 最新情報

■星野 源 Blu-ray&DVD 『Music Video Tour 2010-2017』好評発売中!
星野 源 Blu-ray&DVD 『Music Video Tour 2010-2017』
2017年5月17日発売
Blu-ray VIXL-192 \5,000+税
DVD(2DVD) VIBL-847~848 \4,600+税
※DVD、Blu-rayともに初回プレス分のみブックケース仕様

Music Video Tour 2010-2017
出演 星野 源
ゲスト 井手茂太(イデビアン・クルー) MIKIKO(ELEVENPLAY)

1.OPENING TALK
2.TALK 1
3.くせのうた Music Video(2010)
4.TALK 2
5.くだらないの中に Music Video(2011)
6.TALK 3
7.日常 Music Video(2011)
8.TALK 4
9.フィルム Music Video(2012)
10.TALK 5
11.TALK 6
12.夢の外へ Music Video(2012)
13.TALK 7
14.知らない Music Video(2012)
15.TALK 8
16.TALK 9 (ゲスト:井手茂太)
17.化物 Music Video(2013)
18.TALK 10 (ゲスト:井手茂太)
19.TALK 11
20.地獄でなぜ悪い Music Video(2013)
21.TALK 12
22.Crazy Crazy Music Video(2014)
23.TALK 13
24.TALK 14
25.SUN Music Video(2015)
26.TALK 15
27.Snow Men Music Video(2015)
28.TALK 16
29.時よ Music Video(2015)
30.TALK 17(ゲスト:MIKIKO)
31.恋 Music Video(2016)
32.TALK 18(ゲスト:MIKIKO)
33.ENDING TALK

特典映像
Extra Music Video & Making
ゲスト ニセ 明

●Extra Music Video
季節(2012)
ギャグ(2013)
●撮影メイキング映像
※DVD/Blu-rayともに 星野源とスタッフたちによるオーディオコメンタリー収録

【『Music Video Tour 2010-2017』特設ページ】
http://www.hoshinogen.com/special/mvt2017/

【TOUR INFORMATION】
星野源 LIVE TOUR 2017『Continues』
◯ツアー日程・会場・開場/開演・問合せ先

5月21日(日) マリンメッセ福岡 開場16:30/開演18:00
5月22日(月) マリンメッセ福岡 開場17:30/開演19:00
問合せ先:BEA 092-712-4221 (平日 11:00〜18:00 / 第2・4土 11:00〜15:00)

5月27日(土) 神戸ワールド記念ホール 開場16:30/開演18:00
5月28日(日) 神戸ワールド記念ホール 開場15:30/開演17:00
問合せ先:清水音泉 06-6357-3666 (平日 12:00〜17:00)

6月10日(土) アスティ徳島 開場16:30/開演18:00
6月11日(日) アスティ徳島 開場15:30/開演17:00
問合せ先:デューク高松 087-822-2520 (平日 10:00~18:00)

6月17日(土) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 開場16:30/開演18:00
6月18日(日) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 開場15:30/開演17:00
問合せ先:GIP 022-222-9999 (インフォメーションダイヤル 24時間)

6月30日(金) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 開場17:30/開演19:00
7月1日(土) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 開場15:30/開演17:00
問合せ先:FOB 新潟 025-229-5000 (平日 11:00〜18:00)

7月8日(土) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 開場16:30/開演18:00
7月9日(日) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 開場15:30/開演17:00
問合せ先:SMASH EAST 011-261-5569 (平日 11:00〜18:00)
Mount Alive 011-623-5555 (平日 11:00〜18:00)

7月22日(土) 大阪城ホール 開場16:30/開演18:00
7月23日(日) 大阪城ホール 開場15:30/開演17:00
問合せ先:キョードーインフォメーション 0570-200-888 (全日 10:00〜18:00)

8月5日(土) 横浜アリーナ 開場16:30/開演18:00
8月6日(日) 横浜アリーナ 開場15:30/開演17:00
問合せ先:キョードー横浜 045-671-9911 (平日・土 10:00〜18:00)

8月25日(金) 日本ガイシホール(名古屋) 開場17:30/開演19:00
8月26日(土) 日本ガイシホール(名古屋) 開場15:30/開演17:00
問合せ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 (全日 10:00〜18:00)

星野源 Profile

1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。
2000年にバンドSAKEROCKを結成。2010年に1stアルバム『ばかのうた』、11年に2ndアルバム『エピソード』を発表。

13年発売の3rdアルバム『Stranger』はオリコンウィークリーチャート2位を記録。2015年5月にリリースしたシングル『SUN』が、オリコンウィークリーシングルチャートにおいて自己最高となる2位、各配信チャートで軒並み1位を記録するなど大ヒットを記録。

8月には弾き語りソロライブ「星野源のひとりエッジ in 武道館」を開催、2日間でのべ26000人を動員した。12月にリリースしたアルバム『YELLOW DANCER』は自身初となるオリコンウィークリーアルバムチャートで1位を獲得、現在までに35万枚の大ヒットを記録し、同年末の『第66回NHK紅白歌合戦』への初出場を果たした。

昨年10月5日にリリースしたシングル『恋』は社会現象とも呼べる大ヒットを記録し、年末の『第67回NHK紅白歌合戦』での2年連続出場を果たした。

俳優として、映画『箱入り息子の恋』(13/市井昌秀監督)、『地獄でなぜ悪い』(13/園子温監督)等に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞等の映画賞を多数受賞。ドラマ『コウノドリ』(15/TBS)、大河ドラマ『真田丸』(16/NHK)、『逃げるは恥だが役に立つ』(16/TBS)など出演作多数。声優として初主演のアニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」(17/湯浅政明監督)が公開中。

作家として著書『蘇える変態』、『働く男』、『そして生活はつづく』、『星野源雑談集1』『いのちの車窓から』を刊行。2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。

2016年3月からはニッポン放送でレギュラー番組「星野源のオールナイトニッポン」がスタート。

2017年には第54回ギャラクシー賞ラジオ部門 DJパーソナリティ賞を受賞した。

音楽家・俳優・文筆家として、幅広く活躍中。

星野 源 オフィシャルサイト
http://www.hoshinogen.com/

星野 源 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/gen_senden

星野 源 Facebookページ
https://www.facebook.com/hoshinogen2012

星野 源 YouTube オフィシャルチャンネル
https://www.youtube.com/c/hoshinogenCh

最強の「餅」アンセム! ゲスの極み乙女…

Hey!Say!JUMP『Come B…