目に見える以上にたくさんの要素、歴史、そして「ファンキー加藤の今」が詰まった、新アルバム「Decoration Tracks」

この記事の目次
  1. ・Decoration Tracks レビュー
  2. ・最新リリース情報
  3. ・ツアー情報
  4. ・ファンキー加藤プロフィール
  5. ・公式サイト リンク


Decoration Tracks レビュー

ファンキー加藤の、待望のソロ2作目のアルバム『Decoration Tracks』は、4ツ打ち、ロックな8ビート、レゲエ、バラードなど、そのタイトル通り様々なスタイルの楽曲によりバラエティ感を見せている。それぞれの楽曲に特別斬新な曲作り、キメなどの仕掛けを作っていることはなく、ある意味フラットなメロディを聴かせてくる。



だからこそ、バラエティに富んだ楽曲群が感情や思いの変化を表し、自身のメッセージをより明確に浮き彫りにして、メッセージを聴くものに伝える強い力を感じさせる。アルバム一枚、ボーナストラックを含む16曲という曲数の中で、音楽を聴かせながらも表現しているものは、単純な「音」ではないという狙いが、自然ながらも明確に見えてくる。変に派手なものを自発的に作らなくても、ファンキー加藤らしい、新たに聴きたくなる作品に仕上がっているのだろう。

作詞においてもファンキー加藤は、ほぼ揺るがない方向性を持っているものと感じられる。14曲目の「花鳥風月」を除いて、13曲はすべて1コーラスの中に「序章」的な部分、メッセージ的な意味合いを持つ「本題」の部分と、「序文」「本題」をつなぐ部分と、明確に三段の要素で構成されており、これは楽曲の上でも文章の構成としても明確に線が引かれている。それ故に、彼が歌で伝えたいことは非常にわかりやすく聴く側に受け止められる印象だ。

例えば1曲目の「MUSIC MAGIC」は、一段目で世界的な名曲や歴史的なロックフェスについて記述、二段目はそれに対する「ちっぽけな自分」の存在を赤裸々に描き、三段目で「それでも自分がミュージシャンを続ける理由」「君が笑えば それも小さな奇跡」という言葉に集約された、歌を歌う意味を訴えるような表現を行うといったストーリー作りをしている。



このようなスタイルにより、2曲目の「ブラザー」ではモチーフを自身の兄弟に変え、3曲目の「中途半端なスター」では自分がかつて憧れたスターに対しての思いに変え、とファンキー加藤自身の様々な思い、印象を曲ごとに綴っている。そんな風に自分をさらけ出すことで、聴くものの気持ちに寄り添い、そしてある時は「走れ 走れ」「Ring a Bell」で描かれているように、聴くものの気持ちを強く引っ張ってくれるような言葉を叫び、訴えている。





そんな中で「花鳥風月」だけは詞の構成も二段、そして描いている内容も、他の13曲がわりと「これまでのファンキー加藤」自身を描いているように見えるのに対し、この曲のみは「30を超えた僕を子ども扱いして…」と、どちらかというと今現在の自分自身に近いような思いを表現しており、「アルバム」という形態をあくまで完結するための特別な印象を与えている。

何かこの曲があることで、ファンキー加藤という存在が現実的で身近な存在に感じられる。器用ではないファンキー加藤という人間が、決して飾ろうとしない自身の姿を、まさにありのままに表現したものでもあるようだ。



このアルバムに”デコレート”されている内容は、実は曲数以上の、詞に込めたファンキー加藤自身の思いや自身の姿など、多岐にわたるものというイメージもある。ミュージシャンが作るたびにその時の自身を表し、刻んでいくという意味で名づけられた「アルバム」という言葉が、非常にピッタリであるとも感じられる作品だ。

TEXT:桂伸也

最新リリース情報

2ndアルバム「Decoration Tracks」


★初回限定盤A【CD+DVD】 MUCD-8078/9 ¥6,111+税
▼DVD収録内容:I LIVE YOU 2016 in 横浜アリーナライブダイジェスト映像
M1.中途半端なスター/M2.MUSIC MAGIC/M3.輝け/M4.つながるから/M5.ヒーロー/M6.ブラザー/M7.太陽
/M8.あとひとつ/M9.希望の唄/M10.CHANGE/M11.ちっぽけな勇気/M12.My VOICE
/M13.太陽おどり~新八王子音頭~/M14.リスタート/M15.悲しみなんて笑い飛ばせ!

★初回限定盤B【CD+DVD】 MUCD-8080/1 ¥4,000+税
▼Bonus Track<初回限定盤Bのみ収録>
M1.春雄の唄(映画「サブイボマスク」劇中歌)※<ファンキー加藤 album ver.>
M2.かけがえのない人(映画「サブイボマスク」劇中歌)※<ファンキー加藤 album ver.>

▼DVD収録内容:VIDEO CLIP、VIDEO CLIPメイキング映像

★通常盤【CDのみ】 MUCD-1362 ¥3,000+税

*「Decoration Tracks」収録曲*
M1.MUSIC MAGIC(よみうりランド2015 ジュエルミネーション テーマソング)
M2.ブラザー(映画「サブイボマスク」主題歌)

M3.中途半端なスター(マイナビ転職CMソング)
M4.走れ 走れ(TBS「イベントGO!」11月度オープニングテーマ)
M5.つながるから(マイナビ転職CMソング)
M6.勇者のうた(2016TBS系列プロ野球中継“SAMURAI BASEBALL”テーマ曲)
M7.Ring a Bell
M8.Tokyo Destiny Land
M9.カラフル
M10.ただいま ~HOMETOWN~
M11.急性ラブコール中毒 Part.1
M12.少年の声(フジテレビ系めざましテレビ めざましデイリーテーマソング・水曜日)
M13.花鳥風月
M14.本当のこと

☆初回限定盤A DVD「I LIVE YOU 2016 in 横浜アリーナライブダイジェスト映像」収録楽曲☆
M1.中途半端なスター/M2.MUSIC MAGIC/M3.輝け/M4.つながるから/M5.ヒーロー/M6.ブラザー/M7.太陽
/M8.あとひとつ/M9.希望の唄/M10.CHANGE/M11.ちっぽけな勇気/M12.My VOICE
/M13.太陽おどり~新八王子音頭~/M14.リスタート/M15.悲しみなんて笑い飛ばせ!
大容量!!! 全15曲のライブ映像を収録!!!

☆Bonus Track☆(※初回限定盤Bのみ収録※)
M15.春雄の唄(映画「サブイボマスク」劇中歌)<ファンキー加藤 album ver.>
M16.かけがえのない人(映画「サブイボマスク」劇中歌)<ファンキー加藤 album ver.>

7thシングル「走れ 走れ」
★初回限定盤【CD+DVD】 MUCD-9107/8 ¥1,667+税
DVD収録内容:VIDEO CLIP 、特典映像「漢への道 番外編 〜修行編〜」

★通常盤CD【CDのみ】 MUCD-5332 ¥1,000+税

ツアー情報

★ファンキー加藤 全国ツアー“HALFWAY STAR TOUR”開催決定★

2016年11月12日(土) 【神奈川】ハーモニーホール座間
2016年11月17日(木) 【神奈川】神奈川県民ホール
2016年11月25日(金) 【千葉】市川市文化会館 大ホール
2016年11月29日(火) 【静岡】静岡市民文化会館大ホール
2016年12月1日(木) 【兵庫】神戸国際会館こくさいホール
2016年12月6日(火) 【福島】郡山市民文化センター 大ホール
2016年12月9日(金) 【滋賀】滋賀びわ湖ホール
2016年12月11日(日) 【福井】福井フェニックスプラザ
2016年12月17日(土) 【大分】iichikoグランシアタ
2017年1月12日(木) 【埼玉】大宮ソニックシティ 大ホール
2017年1月22日(日) 【香川】レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール
2017年1月29日(日) 【岡山】倉敷市民会館
2017年2月4日(土) 【福岡】福岡サンパレス
2017年2月6日(月) 【大阪】フェスティバルホール
2017年2月12日(日) 【新潟】新潟県民会館
2017年2月18日(土) 【宮城】仙台サンプラザホール
2017年2月19日(日) 【岩手】盛岡市民文化ホール 大ホール
2017年2月25日(土) 【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年3月11日(土) 【北海道】わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
2017年3月17日(金) 【東京】中野サンプラザ

≪チケット料金≫
¥6,300(税込)※4歳未満入場不可/4歳以上有料
http://funkykato.com/tour2016_2017/


ファンキー加藤プロフィール


1978年12月18日 東京都八王子市生まれ。
2004年1月 地元八王子にてFUNKY MONKEY BABYSを結成。リーダーを務める。2006年1月 「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。NHK「紅白歌合戦」に4年間連続出場。TBS「輝く!日本レコード大賞」にも3年連続出演。作曲賞、優秀作品賞、優秀アルバム賞の各賞を獲得するなど、国民的大人気アーティストの仲間入りをするも、2013年6月 人気絶頂の中、夢の舞台でもあった「東京ドーム」にて同グループを解散し、結成から約10年間の活動に幕を閉じた。60万件もの申し込みが殺到した解散ライブには2日間で超満員10万人の動員を記録した。
グループ解散後の2014年2月12日、ファンキー加藤としてシングル『My VOICE』でソロデビュー。ソロデビュー曲で、オリコンシングル週間ランキング初登場3位を記録すると、2ndシングル『輝け』、3rdシングル『太陽』と積極的に楽曲をリリース。同年9月には1stソロアルバム「ONE」をひっさげ、ソロ初のワンマンライブ「I LIVE YOU 2014 in 日本武道館」を2DAYS開催。
2015年、全国39箇所44公演の全国ホールライブツアー「ONE FOR HALL TOUR 2015」を約半年間に渡って開催し、9万人以上の動員を記録。
同年7月、初ワンマンの武道館に続く、不定期開催ビッグワンマンライブイベント「I LIVE YOU 2015 in 大阪城ホール」(2015年7月)を開催。その後も、「I LIVE YOU 2015 in 仙台」(@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 2015年11月)、「I LIVE YOU 2016 in 名古屋」(@日本ガイシホール 2016年4月)、「I LIVE YOU 2016 in 横浜アリーナ」(2016年7月)と全国各地で大成功を収め続けている。
2016年には俳優として映画「サブイボマスク」(2016年6月公開)の初主演を務め、主題歌、劇中歌も書き下ろした。
2015年10月シングル「MUSIC MAGIC」から、2016年2月「中途半端なスター」、同6月「ブラザー」、そして10月に7thシングル「走れ 走れ」と立て続けに4枚のシングルをリリース。
11月2日に2年2ヶ月振りとなる待望の2ndアルバムをリリース。同月12日からソロ2度目の全国ホールツアー「HALFWAY STAR TOUR」がスタートする。

公式サイト リンク

■ファンキー加藤公式HP
http://funkykato.com/

■ファンキー加藤公式Facebook
https://www.facebook.com/funkykato.official

■LINE公式アカウント
https://line.me/ti/p/%40funkykato

【歌う動画トップテン:11/14付】ド…

テクニックよりも、あくまで歌で描く世界…