虹のコンキスタドール、「どうしても言いたいことがあるんだよ 〜虹コンから大切なお知らせがあります〜」【ライブレポート】

この記事の目次
  1. ・虹コンワンマン、ライブレポート
  2. ・ファンたちからの投票「虹コン楽曲大賞」
  3. ・1位に選ばれたのは『大キライでした。』
  4. ・アンコールでシングル発表
  5. ・セットリスト
  6. ・主演映画情報
  7. ・リリース情報
  8. ・虹のコンキスタドール プロフィール
  9. ・オフィシャル関連サイト
1月9日(月.祝)に虹のコンキスタドールが川崎クラブチッタを舞台にワンマンLIVE 「どうしても言いたいことがあるんだよ 〜虹コンから大切なお知らせがあります〜」が行われた。

虹コンワンマン、ライブレポート



会場を埋め尽くした人・人・人。始まる前から場内には熱気が籠もっていた。それくらい、この日のライブを誰もが楽しみにしていたということだ。
ライブは、アジアンテイストを軸に据えた(チャイナ音楽風と言ったほうが正解か!?)『LOVE麺 恋味 やわめ』からスタート。正月が明けて間もない公演のように、この日の幕開けにとても似合う表情だ。

ファンたちからの投票「虹コン楽曲大賞」



この日は「虹コン楽曲大賞」と題し、ファンたちからの投票を元に選ばれた10位から1位までの楽曲を駆け上がる形で紹介。

最初に発表されたのが、10位から8位まで。10位に『電光石火、夏花火。』、9位へ『ぴくしぶおんど』、8位には『トライアングル・ドリーマー』がランクイン。
パワフルな祭りナンバーの『電光石火、夏花火。』や躍動する音頭のリズムが気持ちを熱狂へと導いた『ぴくしぶおんど』を通し祭り上がる光景を描けば、胸をキュンキュン疼かせるアイドルソングの『トライアングル・ドリーマー』を魅力に、場内中が華やかな熱狂に包まれていた。

続いては、7位から5位を発表。7位に『戦場の聖バレンタイン』、6位に『奇跡100%』がランクインすれば、5位には『きみの気持ち教えて』が登場。
可愛さを見せながらもパワフルに攻めた『戦場の聖バレンタイン』。一転、『奇跡100%』では軽やかに跳ねるように、青春の香りや夢を抱かせるポップソングをドロップ。お洒落なサウンドが胸をキュンと疼かせてくれた。『きみの気持ち教えて』でも、心をキュンキュンときめかせるロマンチックな片想いソングを、彼女たちは乙女心たっぷりに届けてくれた。何より、彼女たちへぼくの想いを返してあげたい気分だった。

続いては、4位と3位を発表。4位には『わたし時々、魔法少女』、3位には『やるっきゃない!2015』がランクイン。
ポップでチャーミングな『わたし時々、魔法少女』をアイドルらしい姿で愛嬌たっぷりに歌いかければ、『やるっきゃない!2015』を通し、彼女たちは触れた人たちの心にパワーをチャージしてくれた。楽曲が進むたびに身体中にどんどんエナジーを注ぎ込んでゆく。なんて気持ちに元気を与える応援ソングだろう。

2位に選ばれたのは『パラダイスな片思い』。彼女たちはセクシーな香りも振りまきながら、情熱を持って躍動する『パラダイスな片思い』を熱い想いのままに、いや、派手な装いや妖艶さもまといながら届けてくれた。

1位に選ばれたのは『大キライでした。』



1位に選ばれたのが、『大キライでした。』。疾走するダンスビートの上でクールに、でもエレガントに歌い踊るメンバーたち。刺激的なビートが、触れた人たちの感情をどんどんアゲてゆく。気持ちがトリップしてゆく様が心地好かった。

今回のランキングを観てもわかるように、比較的近作がランキングに強く反映されている。もちろん、昔から応援し続けている人たちもいるが、近年、虹のコンキスタドールを応援し始めた人たちが増えてきたという嬉しい現状も、そこには反映されていた。

続いて、最新シングル『レトルト~~華麗なる愛~』を披露。インドのサリーを模倣した衣装で身体をくねらせながら歌い踊るメンバーたち。楽曲自体は高速ダンスビート。身体が騒ぎだすのも当然だ!!
最後に虹のコンキスタドールは『パラドキシカル・コンプレックス』を届け、みずらかも、満員の観客たちの感情もガンガンに上げながら場内をパーティ空間に染め上げていった。この歌へ触れている間ずっと、込み上げてくるウキウキとした衝動が途絶えなかった。ドキドキした感情の鼓動が高鳴り続けていた。

アンコールでシングル発表


アンコールでは、7つの発表を披露。
一つ目が、この日から“食べれる?!シングル”第2弾として、レトルトカレーに楽曲QRコードが付いた8枚目のシングル『レトルト〜華麗なる愛〜』を発売。

二つ目が、今春発売予定のPS VITA ゲーム「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」のテーマソング『chaos and creation』を虹のコンキスタドールが担当。メンバーの陶山恵実里と中村朱里が声優としても作品に出演していることも発表した。

三つ目が、キングレコードよりメジャーデビューが決定。4月26日にメジャーデビューDVDシングル『✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝』発売する。

四つ目が、『✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝』が映画「聖ゾンビ女学院」の主題歌に決定したこと。

五つ目が、映画「聖ゾンビ女学院」の主演に虹のコンキスタドールが決定。2017年5月に劇場公開を予定のニュース。

その五つの発表を受け、ここで、メンバーらも出演、映画「聖ゾンビ女学院」の主題歌として発売する『✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝』を初披露。



「UNDEAD BABY」の声も飛び交えば、派手なブラスの音が感情を熱く昂らせるように、『✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝』は攻めの表情を抱いたパワフルな楽曲。メンバーらもゾンビダンス(『スリラー』風??)を披露しながら歌っていく。ライブに足を運んだ人たちは、ぜひ彼女たちの踊りを真似てくれ。

続いて、六つ目の発表として、メジャーデビューを記念して、虹のコンキスタドール×キングレコード×pixivのオーディション開催を告知。

七つ目として、虹のコンキスタドール赤組・青組の再編成を実施。大和明桜が赤組メンバーとなれば、新ユニットとしてサジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)を結成。虹コンファミリーの正規メンバーとして、岡田彩夢・清水理子・蛭田愛梨・山崎夏菜の4名の昇格も発表された。

これらの発表を受けて、「虹のコンキスタドールは、ここから新しいスタートを切ります。もっともっと凄い景色を一緒に観たい!!」と宣言。最後に、彼女たちは『ブランニューハッピーデイズ』を届けてくれた。メンバーも、会場中の誰もが『ブランニューハッピーデイズ』へ飛び乗り、笑顔ではしゃいでゆく。場内には、一体化し華やかな宴を成す風景が広がっていた。

先の発表にもあったように、今年の虹のコンキスタドールはド派手な動きを見せてゆく。一つ一つの動きをしっかりと追いかけながら、一緒にアイドルシーンを征服していこうじゃないか!!


同日昼の部に開催されたベボガ!のライブレポートも是非チェックしてください。
ワンマンLIVE 「ベボガガ!〜エピソード2〜」開催!最高の2017年をスタートさせた「これからのベボガ!」の姿とは?【ライブレポート】

セットリスト

SE
01. LOVE麺 恋味 やわめ
MC
<楽曲大賞アタックVTR1>
02. 電光石火、夏花火。
03. ぴくしぶおんど
04. トライアングル・ドリーマー
<楽曲大賞アタックVTR2>
05. 戦場の聖バレンタイン
06. 奇跡100%
07. きみの気持ち教えて
<楽曲大賞アタックVTR3>
08. わたし時々、魔法少女
09. やるっきゃない!2015
<楽曲大賞アタックVTR4>
10. パラダイスな片思い
<楽曲大賞アタックVTR5>
11. 大キライでした。
12. レトルト〜華麗なる愛〜
13. パラドキシカル・コンプレックス
ENCORE
<重大発表VTR1>
MC
<重大発表VTR2>
14. ✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝
MC
15. ブランニューハッピーデイズ

主演映画情報

『 聖ゾンビ女学院 』
映画主題歌収録DVDシングル

出演
虹のコンキスタドール、徳井健太(平成ノブシコブシ)、亜沙美 佐藤貢三 わに完才 他

主題歌
虹のコンキスタドール「✝ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝」

監督・ガンエフェクト
編集・VFX:遊佐和寿
脚本:継田淳/遊佐和寿
制作プロダクション:キャンター

配給:ユナイテッド・エンタテインメント
2017年/日本/カラー/ビスタ/2ch ©2017「聖ゾンビ女学院」製作委員会
2017年初夏公開予定

公式HP
http://zombie.united-ent.com/

リリース情報

メジャーデビューDVDシングル「✝ノ―ライフベイビー・オブ・ジ・エンド✝」
■発売日:2017年4月26日(水)
■発売:キングレコード

虹のコンキスタドール プロフィール

声優・イラスト・コスプレ・振付師など様々なジャンルに挑むアイドルを育成するpixivの「つくドル!プロジェクト」から誕生。「毎日が文化祭!」をテーマに、アイドルとしてだけでなくクリエイターとしても活動、ドキドキやワクワクを創り出していくユニットです。

オフィシャル関連サイト

オフィシャルHP
http://pixiv-pro.com/2zicon/

オフィシャルtwitter
https://twitter.com/2zicon

ニューシングルは「NARUTO-ナルト…

ワンマンLIVE 「ベボガガ!〜エピソ…