音×AiR、「日本中を笑顔に!」大きな目標を掲げる彼らの思いを伝えたワンマンライブ

音×AiRが、12日にワンマンライブを東京・渋谷TSUTAYA O-CRESTにて行った

2017年3月24日


この記事の目次
  1. ・届け!あなたの街までハートフルレボリューション
  2. ・ライブの幕開け
  3. ・バンド練習を模したコントのコーナー
  4. ・「日本中を笑顔にする」彼らの目標


 大阪を拠点に活躍するロックバンド・音×AiRが、12日にワンマンライブ『NOW ON AiR リリース記念ワンマン 渋谷TSUTAYA O-CREST編』~届け!あなたの街までハートフルレボリューション~を東京・渋谷TSUTAYA O-CRESTにて行った。

届け!あなたの街までハートフルレボリューション



 音×AiRは楓(ボーカル)、MASAYA(ベース)、竜之介(ドラム)による3人組のロックバンド。2011年に結成後はライブにリリース活動と精力的な活動を続け、2月8日に初の全国流通盤『ハートフルレボリューション』をリリース、今回そのリリース記念として東京、大阪でワンマンライブを開催、この日は東京でのライブステージとなった。「聴いている人を笑顔にできる音楽」を武器に、現在はサポートギタリストを交えて精力的な活動を行っている彼らのステージを楽しもうと、この日の会場に訪れた観衆で、オープン間近にはほどなく会場が人であふれかえっていた。

 定刻を5分ほど過ぎたころだろうか。「ピンポンパンポーン!」そんなチャイムの音を口で響かせるアナウンスが。続いてユーモアを交えた前説が流れる。そして「Everybody!サイコーに楽しもうぜ!」アナウンスは最後にそんな呼びかけを叫ぶと同時に、会場は暗闇に包まれた。やがてSEとともに竜之介、MASAYA、サポートのギタリスト、そして楓とメンバーがステージに現れた。ライブの幕開けだ。

ライブの幕開け



 ポップでキャッチーなメロディを8ビートに乗せた「波乗りトコナッツ」がオープニングナンバー。張りのある声だけでなく、アクティブなパフォーマンスで、ありったけの情熱をフロアにぶつける楓を中心に、ファットなリズムが会場の熱を徐々に上げていく。70年代のサーフサウンドを彷彿させる軽快なノリが、フロアで聴くものの耳に心地良い。「Thank You!渋谷!盛り上がっていこうぜ!」さらにステージのノリに観衆を引き込もうと、楓が叫んだ。さらにグルービーなビートの「ダントツ☆YOU」、さらに早いノリに早口の関西弁歌詞を詰め込む「オトコボンバー」と、観衆の気持ちを徐々にバンドと同期させて、フロアの熱気を増していく。

 フックやキメの多い楽曲構成に、サビでは観衆とともにコーラスを歌うなど、要所で観衆をさらに引き込む。ステージ運びの旨さという部分に目が奪われがちだが、それはMASAYAと竜之介が織りなすリズムセクションの堅調さの上に成り立っていることは、いうまでもない。ステージ左にMASAYA、右にドラムの竜之介と、あまりロックバンドでは見ない配置構成になっているのも興味深いが、メンバー同士のコンタクト優先を考えたことなのかもしれない。とにかく単なるパフォーマンスバンドではなく、彼らがしっかりとした音楽的土台を築いているのも明白だ。

バンド練習を模したコントのコーナー

 「いやー感動!めっちゃいい感じ!」徐々に熱を帯びてきた会場の空気を感じ、楓が言葉を口にする。さらに3曲が終わると、MCと思いきや、バンド練習を模したコントのコーナーへ。この時に行われたものは、彼らの楽曲「Love Me Do」のサビで振りをつけようとリハーサルを行う際に、いきなりメンバーがイメージと違うリズムを入れてボケるというもの。ここからは、そんな他愛のないコントから次の楽曲へ、という展開が続く。

 単にそんな展開を想像すると、「なんだそのバンドは!?音楽好きをバカにしているのか!?」と疑問に思う人もいるかもしれない。しかし、それぞれテーマを持ったコントに続けて流れるナンバーは、何か彼ら自身の持つ生き方、ミュージシャンとしての姿勢や思いを表しているようだ。時にかみ合わないバンドメンバーとのやり取り、そんな中彼ら自身の目標を改めて見つめなおし、そのもやもやを打つ砕くかの如くパンキッシュな「ネバギバソウル」を披露してみたり、あるいは恋に悩む表情を見せ、スリリングなビートの「純愛バイセコー」を響かせたり、さらにはバンド活動を思い悩む姿を現す後にバラード「バンソウコ」を聴かせたり。単に奇抜な催しを見せているのではない、要所で披露されたコントは、彼らが曲の演奏だけで伝えきれないイマジネーションや思いの深さを、しっかりと見せつけようとするアイデアの一つであるようだ。

「日本中を笑顔にする」彼らの目標



 いつの間にか要所では手拍子が入り、笑い声が響き始め、ムンムンするような熱気がフロアに立ち込めた。「聴こえねえぞ!」「もっと行けるやろ!?」「ええ感じやん!」「CREST!揺らすぞ!」楓はさらに観衆を煽ると、会場が揺れるかと思えるほどに、フロアには大きな波が現れる。まさしくそれこそが「聴いている人を笑顔にできる音楽」という彼らの最大の武器が見せた結果といえる。しかし彼らの終点はそこではない。「日本中を笑顔にしたいと思います。それが僕らの夢です!」この日のライブへの礼を告げるとともに、高らかに宣言した楓。最後にアンコール曲「なんちゃってヒーロー」で、この日の盛大なステージは幕を閉じた。「日本中を笑顔にする」彼らの目標は果てしなく遠いようにも見えるが、この日のライブで彼らが示した思いの強さからは、実は不可能ではないかもしれない、そう思わせてくれるようなステージだった。



音×AiR『NOW ON AiR リリース記念ワンマン 渋谷TSUTAYA O-CREST編』
~届け!あなたの街までハートフルレボリューション~

2017年3月12日 18:30〜 @東京・渋谷TSUTAYA O-CREST

セットリスト:
01. 波乗りトコナッツ
02. ダントツ☆YOU
03. オトコボンバー
コント「バンド練習編(Love Me Do)」
04. Poppoco
コント「夢ってなんですか編」
05. ネバギバソウル
06. あの頃のままで
コント「おばかさん」
07. ドジっ娘モーニング
08. 叱ってサディスティック
09. 乙女ビンビン
コント「片思い編」
10. 純愛バイセコー
11. 抱きしめたいハグトゥナイ
コント「楓、傷心」
12. バンソウコ
13. ホームグラウンド
14. Catch Your Dream
encore
E01. なんちゃってヒーロー

リリース情報

音×AiR
アルバム『ハートフルレボリューション』
2017年2月8日
¥1,833+税
YMPCD-32
(株)ヤマハミュージックパブリッシング

【収録楽曲】
1. 三日月
2. 純愛バイセコー
3. 叱ってサディスティック
4. ドジっ娘モーニング
5. オトコボンバー
6. あの頃のままで
7. ダントツ☆YOU
8. 抱きしめたいハグトゥナイ
9. 波乗りトコナッツ
10. バンソウコ
11. ネバギバソウル
12. なんちゃってヒーロー
13. Catch Your Dream
※全13曲収録/未発表音源3曲入


関連リンク

公式サイト http://onxair.com/index.html
Twitter https://twitter.com/ONxAiR

BabyKingdom アルバム「ミス…

乃木坂46 堀未央奈、クールに見える内…