1. アニメ・ゲーム共に大人気!ポケットモンスター サン&ムーン OP【アローラ!!】の完成度が高いと言える理由

アニメ・ゲーム共に大人気!ポケットモンスター サン&ムーン OP【アローラ!!】の完成度が高いと言える理由

2016年11月から放送されている大人気アニメ『ポケットモンスター』の新シリーズであるサン&ムーン!ゲームも発売され、ポケモン好きの芸能人や声優もたくさんおり、中川翔子、ヒャダイン、大谷凛香、あばれる君、ロバート山本、左香智久の「ポケモンの家あつまる?」のメンバーは有名だ。

2017年6月12日

Column

SHIN


声優界にも、悠木碧、岡本信彦、佐倉綾音などがサンムーンをやっていることがイベントや番組で明らかとなっている。今作はアローラ地方を舞台に、今までのジムリーダー戦ではなく「島巡り」をして試練をクリアすることがストーリーの肝である。また主人公のサトシがポケモンスクールに通っているのも印象的だ。

今回はそんな新展開を迎えたポケモンのオープニングテーマ【アローラ!!】について、前作の楽曲との違いや特徴について迫っていく!

オープニングはサトシ役の松本梨香が歌っている。初代アニメのオープニングテーマ「めざせポケモンマスター」を筆頭に彼女がポケモンの楽曲を歌うことは多いが、シリーズ毎に曲調や歌い方が変わっている。例えば6世代のオープニング「XY&Z」では彼女の歌声のかっこよさが全面に出る楽曲だったが今回は違う。
アローラ地方は南国をイメージした地方であり、かっこよさというよりは明るさや楽しさが強い。またこのシリーズではサトシを始め、キャラクターデザインがこれまでとは違い、ラフな感じになっている。よって曲も軽やかに楽しく、そして冒険のわくわく感や勝負に対する純粋な熱さが詰め込まれている。

――――
「俺、マサラタウンのサトシ 夢はポケモンマスターになること!」
「こいつは俺の相棒、ピカチュウ」
「みんなもポケモン探しにゼンリョクで行こうぜ!」
――――
これは曲に入る前のサトシの台詞である。シリーズが進むにつれて少しサトシや周りのキャラクターが大人になった感じがしていた。しかしこのように曲の前に主人公が元気に話すことによって、あくまで子供に向けた作品になっている。
初期の楽曲【めざせポケモンマスター】の最初にも「ポケモンゲットだぜ!」という台詞が入っているのは有名だ。今年で20周年を迎えることもあり、改めてポケモンの楽しさやサトシの夢を全面に出したのだ!

また台詞の中の「ゼンリョク」はサンムーンから使えるようになった「Z技」からきている。技を出す時に「全力のZ技」と表したり、技を出す時の全力ポーズがその証拠だ。前作が「ポケットモンスターXY」だったので、アルファベットも繋がっている。

――――
ただ待ってずっと立っていたって始まらない
太陽も月もポケモンもあのコも
振り向いちゃうような冒険をしていたいみたい
(あいやいや!)
――――

歌詞の良いところは早口ながらもリズムで覚えやすく、小さな子供でも歌えるところだ。「太陽も月もポケモンもあのコも」はシリーズタイトルであるサンムーンを表し、ゲームをやっているユーザーには伝説のポケモンを思わせる。
ここまで曲が明るいのは、アローラという地方の開放感と、サトシの周りにいる仲間の多さも理由だ。今作は今までよりもレギュラーメンバーが多く、スクールのメンバーはサトシを含め6人いる。
(あいやいや)のところで、キャラクターが同じ動きで踊っているのも印象に残るので、曲と映像のマッチングも素晴らしい。ジョウト編のオープニング「OK!」でも「ゴールデンサン&シルバームーン」という歌詞が出てくるがこの歌詞には「みんなを見守ってくれてるよ」と続いている。今回は「振り向いちゃうような冒険を」となっていることから、今までにない冒険をするという気持ちが込められている。

――――
ドッキリびっくりさっぱりやっぱり止まらない
ほらあっちもこっちもそっちもどっちもたまらない
さぁまだまだまだまだまだまだ進もうぜ
(あいやいや!)
――――

この歌詞は冒険をしている時に感じるワクワク感やドキドキ感が見られる。さまざまな発見をして知りたいことがたくさんある。新しいポケモンやアローラの姿のポケモンが島中にいるので、どこへ向かっても楽しいのだ。
ここにも(あいやいや)と出ており、こうして同じリズムやかけ声を入れることによって、楽曲にまとまりが出て皆で歌いやすい。どの年代が聴いても楽しめて、アニメの内容への期待感も次第と上がっていく。

――――
熱いバトル君に決めた!
(熱いバトル君に決めた!)
そこで決めるゲットだぜ!
(そこで決めろゲットだぜ!)
「いっけー!」
――――

ここから少し曲調が変わる!今までは冒険の楽しさやアローラ地方の雰囲気を思わせる歌詞だったが、そこからポケモンバトルやポケモンをゲットする喜びになっていく。こうして同じ言葉を繰り返すのも聴く側の気分を上げてくれる。繰り返す言葉が最後で終わってしまわないように、最後にサトシの台詞が入り、サビへの勢いを増す!

――――
サンサンもっと熱くなれ
燃える鼓動で走り出せ(ハイ!)
ムンムンたぎる勇気が
夢を照らしてくれる(あいやいや)
――――

サビとしては抜群の入りだ。しっかりとシリーズタイトルを歌詞に入れて、太陽と月それぞれの役割が歌になって表れている。最初の歌詞ではバトルをしている映像とサンに出て来る伝説のポケモンが現れ、その後の歌詞で島の守り神とムーンの伝説のポケモンが出てくる。

――――
さぁ全身全霊でマックスハイテンション
大きな声でアローラ!
――――

アローラ地方では「アローラ!」が挨拶だ!曲全体を通してかけ声が多いので、ライブで盛り上がること間違いない。子供が多いイベントにも最高の曲と言える。
この楽曲の作詞作曲は佐香智久であり、彼は芸能界トップクラスのポケモン好きだ。これまでのポケモンを知っている彼だからこそ、この曲のクオリティーは高く、それを松本梨香が歌うからこそ最高のものに仕上がった。前作とは違った2人の良さをぜひ実感してほしい!


またアニメのサウンドトラックとゲームのサウンドトラックが同じだったり、懐かしいトラックをアローラ風にアレンジしているものもあるので、アニメが好きな方もゲームが好きな方も注目してみるのはどうだろうか。

織田哲郎「いつまでも変わらぬ愛は」亡く…

Suchmos 「THE KIDS」淀…