「あったかいんだからぁ♪」が非常に冷静だった件

クマムシといえば、すでにあの2人組のお笑いコンビのことを指すようになったと言っても過言ではない、あのリズムネタ芸人

彼らの名を知らしめた「あったかいんだからぁ♪」が本当にあったかかったのか検証したい。

▽「あったかいんだからぁ♪」PV


そもそもこの曲は、コブダイみたいな顔した長谷川がアイドルソングを歌うというギャップを狙ったネタだ。長谷川の歌唱力があった為にシングルにまでなってしまった。小さいころから歌がうまく、DJまでやっていた長谷川。音楽ネタは必然だった。
同時期に8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」なんてリズムネタが流行り、バンビーノのダンソン等も注目され、このあたりすべてが「リズムネタブーム」のような扱いになり、その波に乗れたのもよかった。

さらにリリースが2月というまだ寒い時期だったのもよかった。
長谷川がゴツくてインパクトがあるのもよかったし、何もやってない佐藤がイケメンなのもギャップがあってよかった。
かくしてこの曲は配信ヒットにつながる。あったかいどころか、冷静な販売戦略だ!

「瞳の奥にあるわたしの大きな野望」
という歌詞が「あったかいんだからぁ♪」の直後にくるが、まさに大きな野望をかなえた曲だ。野望を瞳の奥に隠す冷静さ。あったかいどころか冷静じゃねーか!

そもそもタイトルが「あったかいんだからぁ♪」だ。わざわざ小さい「ぁ」と「♪」までつけている。これでアイドルらしさを強調してるんだ、わざわざ。この小技を入れてくるクールさ!冷静じゃねーか!

この曲の歌詞はこういった「アイドルソング」あるあるのようになってる。

「お返しは“キラキラハピネスぎゃんかわスマイル”」
のフレーズ。「ぎゃんかわ」をひらがな表記にすることで可愛らしさを強調している。「キラキラハピネスぎゃんかわスマイル」がいかなる笑顔なのかは不明だが、これだけ浸透した曲なら思わず笑みがこぼれるだろう。「ぎゃんかわスマイル」どころか「氷の微笑」ができるぜ!

さらに中盤に出現する

「みんなが思ってる わたしの可愛さYES! 止まらないんだからぁ♪」

という裏切りテクニック。「あったかいんだからぁ♪」のフレーズが続き、また「あったかいんだからぁ♪」が来るのかと思いきや、「YES!」という短い台詞を入れて流れに変化をつける。さらに「止まらないんだからぁ♪」とおなじみのフレーズも変えてしまう。この変化のテクニックを入れてくるクールさ。あったかいどころか冷静じゃねーか!

ラストには「特別なスープをあなたにあげる」行為と「瞳に映ってるあなたと過ごす時間」がともに「あったかいんだからぁ♪」ということでシメている。「あなた」との行為や過ごす時間をあらためて強調することで「アイドルソング」らしい仕上がりになっている。
AKBらアイドルがこの曲のパロディをやっていたのも必然だ。なぜならこの曲はアイドルソングだから。冷静に作られたアイドルソングだから。

1.jpg
かくしてこの曲は、あったかいどころか冷静じゃねーか!と言えるほどのクールな曲だったことが分かった。
あったかいどころか冷静じゃねーか!と何度も言って自分があったかい状態になれたので、満足している。

TEXT:テイキけん

クマムシ 掲載歌詞の一覧へ
【あったかいんだからぁ♪】の歌詞ページ

RAM WIRE、2年3ヶ月前、絡まっ…

「HORIZON」でAAAが見せた新し…