1. 「永遠のmy boy」提供者Sundayカミデとゆるめるモ!、スペシャル対談!

「永遠のmy boy」提供者Sundayカミデとゆるめるモ!、スペシャル対談!

6月28日にミニアルバム「ディスコサイケデリカ」をリリースしたゆるめるモ!×「永遠のmy boy」提供者Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ/天才バンド)によるスペシャル対談が実現しました!

2017年7月14日

Interview

瀧澤唯


この記事の目次
  1. ・初対面での印象は…
  2. ・楽曲、「永遠のmy boy」
  3. ・「永遠のmy boy」Music Video
  4. ・ゆるめるモ!からSundayさんに質問!
  5. ・最後に
  6. ・ゆるめるモ! 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・ライブ情報
  9. ・ゆるめるモ! Profile

初対面での印象は…

――お互い初めて会ったときの印象はどうでしたか?

Sunday:ラビリンスな世界に迷い込んじゃったかなといった感じでした。説明だけして帰ろうかなっと思ったくらい、緊張しました。

ようなぴ:緊張されていたんですか?

Sunday:まず4人ともしゃべらないでしょ。でも、しゃべっていくとすごくわかってもらってありがたいなと思いました。田家さん(ゆるめるモ!プロデューサー)の服装がすごくバカバカしかったんで、それで緊張が取れましたね。

しふぉん:私はSundayカミデさんの名前だけは聞いていたんですけど、顔は明確に存じ上げてなくて。すごくパンチのある服装で来るのかと思っていました。でも、下北沢にいるような服装で来て、しゃべるまではおとなしい人なのかなと。しゃべったら気さくな感じがすごかったですね。

ようなぴ:私は真面目な感じの雰囲気の方なのかなって勝手に思っていました。実際はスケートボードを持ってきていたり、最初からいろいろと話してくれて、なかなかキャラが濃い人だなと。でも、そのおかげで気が楽になりました。

Sunday:ちょっと気取りながら「君たちはさ」みたいなプロデューサーっぽい人たちが来ても嫌だしね。昔はよくいたけどね、そういう人。

――Sundayさんはゆるめるモ!のライブを見た印象はいかがでしたか?

Sunday:映像では少し見ていて、初めて生で見たときは100回聞くより1回見たほうがすごくわかりやすいなと。You Tubeとかで何かしら知ったような自分が反省ですね。他の人のライブってあまり見ないんですよ。みんなは見てる?

ようなぴ:予定が合えば見に行きますね。

Sunday:俺最近見たライブってゆるめるモ!かも。実際にライブ見てぶっ壊れているなと思って、びっくりしました。冷静から発狂、冷静、冷静、発狂。右肩上がりで盛り上がっていくんじゃなくて、波のようにだんだんとなっているんだなと僕は感じましたね。

楽曲、「永遠のmy boy」

――ゆるめるモ!が「永遠のmy boy」のデモを初めて聴いた時の印象はどうでしたか?

ようなぴ:デモを初めて聞いたときは正直ビビリました。ゆるめるモ!って今までバラード自体が存在していなくて、メロディーも激しいのが多かったんです。「永遠のmy boy」はシンプルに伝える曲っていう感じがしたので、歌えるかなっていう心配もありましたね。

Sunday:勢いで乗り切れないっていうのもあるしね。

しふぉん:それはそうかも。

ようなぴ:ゆるめるモ!が歌う姿を最初想像つかなくて。新しい挑戦だなと思います。

Sunday:みんなメールで感想送ってくれたよね。夜中に1人でお酒飲みながらそれ読んでいました。すごく幸せだなって。あんな風に言ってもらえることがないんで。

ようなぴ:感想を聞く機会がないってことですか?

Sunday:ないですね。例えばCM曲を作ったりしても、その感想ってなかなか聞けなくて。「めっちゃいいじゃん」みたいな感想は聞くんだけど、「私は○○と思いました」っていうのを1人ずつもらうのは初めてだったんで嬉しかったですね。

――ゆるめるモ!から感想を聞かせていただけましたが、Sundayさんから「永遠のmy boy」の制作意図や裏話を教えていただけますか?

けちょん:聞きたい。

Sunday:聞きたいですか?

しふぉん:すごく聞きたいです。

Sunday:“好きになっていたのさ 何よりも正しく”までの部分はそもそも自分の曲で作ろうと思っていて、そこまではできあがっていたんです。いろいろとあれが正しいこれがよくないみたいなのがありますけど、好きになるってどんな状況でもめちゃめちゃ正しいと思うんですよ。許されない恋愛もありますけど、好きになる気持ちは何より正しいってある日思って作っていたんです。

そこから何も録音せずに1行目だけ歌って、止めてたんです。そんなときに曲提供の話をいただいて、この1行を歌える人たちに巡り合えたかなって。この1行をゆるめるモ!なら絶対に歌えると、絶対に似合うはずだと思って、この1行から2行目以降を作り出しましたね。

――今の話を聞いてどう思いましたか?

しふぉん:ありがとうございます。

ようなぴ:そんな風に歌詞や曲を作ってくれていたとは思っていなかったので嬉しいです。

――Sundayさん「永遠のmy boy」のMV撮影の写真を見ていただいての感想を教えてください。

Sunday:きれいでしたね。曲の雰囲気に合っていますね。

ようなぴ:シンプルだからこそ深みがある感じで、映像でも曲でもそれが出せそうな感じ。

しふぉん:ずっと仰向けでカメラが上にいる状況でリップシンクだけするっていうね。

Sunday:ずっと寝てるの?いずれは立ち上がるんじゃないの?

けちょん:ずっと寝てます。

Sunday:すごい。おもしろい。

――「永遠のmy boy」のMV撮影の感想を教えてください。

あの:寝ているだけなので楽でした。

Sunday:ずっとこの体勢しんどくない?

あの:いや、歩くとか立つのが好きじゃないんで、寝っ転がっての撮影は初めてでしたけど、楽でよかったです。

けちょん:真っ白な世界で横になっていて、脚をずっと閉じなきゃいけなくて。途中から脚がピクピクしてきて、それが辛かったですね。

しふぉん:私ヘルニアでして。MV撮影時もすごく痛いときで、薬を飲んでも全然効かなかったんですよ。横になるのが床だったんで、私だけタオル3枚を敷かれてるにも関わらず、痛すぎて途中で苦痛な表情を浮かべて。そしたら監督が「いいね、しふぉん」って言ってきたので、これ使われるんじゃないかなと。新鮮でいい表情ができていたんじゃないかと思います。みんなが撮影しているときにカメラを通して見ていたんですけど、いろいろとにじみ出ていましたね。

ようなぴ:ゆるめるモ!のMVって今まで賑やかな曲ばっかりだったんですけど、こんなにも動かないで顔だけで表現し、シンプルに映像で出すっていうのは初めてだったんですね。ゆるめるモ!としての新境地がここで開拓されているんじゃないかと思います。「ゆるめるモ!ってこうでしょ」って思っている方も多いと思うんで、そういう方に見てほしいなって。


――Sundayさんは「永遠のmy boy」の完成版音源を聴いた時の感想はいかがでしたか?

Sunday:違う世界観が入っているなって。ゆるめるモ!にすごく合っているなと思いましたね。自分ではあのアレンジになっていないかなって。ライブでも見たんですけど、盛り上がった後にこの曲のイントロが始まって、静けさの中からシューゲイザーみたいな音で、何が始まるんだろうと思ってバラードに入っていくのが印象的でよかったですね。

――対談をし「永遠のmy boy」についての制作秘話とか聞けましたが、改めてゆるめるモ!から「永遠のmy boy」についての想いを教えてください。

けちょん:今までにこういうしっとりした恋愛ソングっていうのを歌ってきてなかったので、ファンの方もゆるめるモ!に対して楽しいってイメージが強いと思うんですよ。「永遠のmy boy」はメンバーの新しい表現の仕方や歌い方を引き出してくれる曲でもあるし、ゆるめるモ!にとって今までになかった新しいジャンルになった曲じゃないかと思います。音楽を通して伝えられることが増えたなって。

しふぉん:今回のミニアルバムのラストにこの曲があるってすごいなって。明るい曲や変拍子な曲もある中で、最後にこの曲っていうのは結構大きいことだなと思っています。歌詞も恋愛だけじゃなくて、ファンの方が自分のことじゃないかなって思えたりとか、いろいろな捉え方があるなって。そういう想像もいろいろできると思うし、いろいろな世代に響くんじゃないかと思っています。そういう意味でも今けちょんが言ったように、ゆるめるモ!としての幅が広がる曲なんじゃないかなと。

「永遠のmy boy」Music Video



次ページ : Sundayさんの恋愛観が気になるゆるめるモ!

BUMP OF CHICKEN「リボン…

20周年を迎えたGRAPEVINE「A…