1. SKE48の古畑奈和・北川綾巴・小畑優奈が「AKB48選抜総選挙」「大阪」「意外にマンゴー」を語る!【インタビュー】

SKE48の古畑奈和・北川綾巴・小畑優奈が「AKB48選抜総選挙」「大阪」「意外にマンゴー」を語る!【インタビュー】

 先月、沖縄で開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で、72位に初ランクインを果たしたSKE48の期待の新星、小畑優奈(おばた・ゆな)。 7期生で、チームKⅡに所属する15歳の彼女は、7月19日リリースのニューシングル『意外にマンゴー』で、初選抜にして初センターに大抜擢され、一躍脚光を浴びている。 総選挙から3日後の6月20日。14位の古畑奈和(ふるはた・なお)、64位の北川綾巴(きたがわ・りょうは)とともに来阪。 3人に、総選挙や新曲の話はもちろん、大阪での思い出なども語ってもらった。

2017年7月22日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・総選挙14位の古畑奈和「チャンスを無駄にするわけにはいかない」
  2. ・総選挙64位の北川綾巴「64位で呼ばれる予感がした」
  3. ・総選挙72位の小畑優奈「名前を呼ばれて本当にビックリ」
  4. ・今日初めて大阪の道路を歩けて幸せ!
  5. ・『意外にマンゴー』MVはメンバープロデュース!
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・SKE48 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・SKE48 Profile

総選挙14位の古畑奈和「チャンスを無駄にするわけにはいかない」



――古畑さんはAKB48選抜総選挙で初選抜入りを果たしました。おめでとうございます!

古畑「ありがとうございます!」

――17位の発表が終わった時点で選抜入りがほぼ確定という状況になりました。発表を待っている間はどんな心境でしたか?

古畑「あまり詳しく覚えていないんですけど、ここまで来たら、もっと上へ行きたいって、ずっと思っていました。実は手足が震えるというか、痺(しび)れるような感覚になって、体が全然動かなかったんです。人って、すごく緊張したり、ドキドキすると、こんなことになるんだって、ビックリしました。」

――そして14位にランクインされましたが、名前を呼ばれた時の心境は?

古畑「今までずっと選抜入りを目指して総選挙に挑んでいたので、嬉しかったです!本当にファンの皆さんに支えていただいたことが多くて、その愛を形にして下さって、かっこいいなーって、改めて思うことが出来ました。ここまでの道のりを、ファンの皆さんと歩めたことが本当に幸せだなぁと思います。」

――ファンの皆さんの「おケツを叩いて」と、スピーチでおっしゃっていましたね。

古畑「たくさんおケツを叩かせていただきました(笑)。やっぱり思いって言わなきゃ伝わらないものだし、伝わっているようで伝わっていないので、いかにわかりやすく、私が本気なんだってことを知っていただくためには、おケツを叩かないといけないなって。あと、今年14位だったんですけど、ファンの皆さんが私に自信を下さったからこそ、もっと上を目指したいっていう新たな欲が芽生えたので、この1年は神7入りを目指して、ファンの皆さんと一歩一歩、歩んでいけたらと思います。」

――神7入りを目指すなら、もっとおケツを叩かないといけませんね(笑)。昨日(6/19)のブログで、ダイエット宣言をされていましたね。

古畑「(選抜入りのシングルが)8月30日に発売されるので、アイドルとしてかわいく映りたいですし、ファンの皆さんからいただいたチャンスを無駄にするわけにはいかないので。ダイエットをして、ちゃんと痩せて、かわいくなって、自分のファンの皆さん以外の方にもかわいいって思ってもらえたら、自分のファンの皆さんも嬉しいと思うので、それを感じてもらいたいです。」



総選挙64位の北川綾巴「64位で呼ばれる予感がした」



――北川さんは総選挙64位でした。選抜入りを目標にされていたので、悔しい結果だったかと思います。64位で名前を呼ばれた時の率直な気持ちを聞かせて下さい。

北川「何か予感はしてたんですよね。名前を呼ばれるかもって思ったら、本当に呼ばれたんです。去年と同じ順位なんですけど、票数は伸びているので、そこは私にとって強みだと思います。今年は目標に届かなかったので、来年はこの悔しさをバネに頑張りたいなって思っています。今は前向きです!」

――もう気持ちは来年に向かっているんですね。北川さんは今年2月からチームSのリーダーを務めていますが、ここまでリーダーをやってみて、いかがですか?

北川「正直、まだ探り探りな状態です。今までリーダーを経験したことが1回もなかったので、どうやったらいいのかもわからないですし、リーダータイプでもないので、どうあればいいのか、悩んでいる途中です。」

――では、今のチームSのセールスポイントを教えて下さい。

北川「若いメンバーの勢いがすごいです!先輩に噛みついて、必死についていっているので、私もその波に乗りながら、メンバーを見守っていられる人になれるように頑張ります。」

――モデルとしての活動もされていますが、そちらの方はいかがですか?

北川「モデルとしてはまだそんなに活動できてないんですけど、保育園の頃からの夢がモデルなので、その夢に少しでも近づけるように、頑張っていきたいと思います。」



総選挙72位の小畑優奈「名前を呼ばれて本当にビックリ」



――小畑さんは総選挙72位で初ランクインを果たしました。

小畑「名前を呼ばれた時は本当にビックリしました。ステージに立った時に、ランクインしたんだなっていう実感が湧きました。」

――自分がどんなスピーチをしたのか、ちゃんと記憶はありますか?

小畑「『意外にマンゴー』の宣伝をしたことは覚えています(笑)」

――あの場で告知を入れてくるのはすごいなと思いました(笑)。6月9日から個人アカウントのツイッターもスタートしましたね。

小畑「機械オンチなので、苦労しているんですけど、ツイートするごとにコメントとか、いいねとか、皆さんからの応援が目に見えて、すごく嬉しいです。そのコメントを読んで、元気になっています。」

――小畑さんは「奇跡の透明少女」をはじめ、様々なキャッチコピーを付けられていますが、ご本人的にはどう受け止めていますか?

小畑「そのキャッチコピーをきっかけに知ってくださる方もいらっしゃるので、すごく嬉しいです。」



今日初めて大阪の道路を歩けて幸せ!

――今日は大阪に来ていただいていますが、大阪での思い出はありますか?

北川「家族みんなで、半年ぐらい前に、日帰りで大阪に遊びに行きました。道頓堀を歩いて、たこ焼きを食べたり、私はアイスが大好きなので、ジェラート屋さんに行って、みんなで違う種類を頼んで、食べたりしていました。」

――どうして大阪に行こうと?

北川「名古屋から車で行きやすいので、父親が、<大阪に行こう!>って。大阪に遊びに行ったことはなかったので、楽しかったです!」

――古畑さんは何か大阪でのエピソードはありますか?

古畑「大阪には握手会でよく来るんですけど、握手会だと駅から会場まで移動して、終わったらホテルに移動してっていう感じなんです。よく考えてみたら、大阪の道路を歩いたことがないなって思って、今日初めて大阪の道路を歩いて、すごく嬉しかったです!初めてアメ村に行ったり、車から、かに道楽がちょっと見えたりして、ここが大阪だ!って、実感しました。」

――アメ村以外で、大阪で行ってみたい場所はありますか?

古畑「やっぱり、グリコの看板があるところ(道頓堀)に行ってみたいです。」

――小畑さんの大阪での思い出は?

小畑「私はユニバーサルスタジオジャパンです!家族でも、友達とも一緒に遊びに行きますし、去年はユニバでのライブにも参加させていただいて、ライブが終わってからアトラクションに乗ったりもしたんですけど、いつ来ても楽しいなって思いました。」

――特にお気に入りのアトラクションは?

小畑「ハリー・ポッターです!」

次ページ : 『意外にマンゴー』MVはメンバープロデュース!

なんでこんな顔で生まれたんだろう。CI…

終わらない青春を駆け抜ける生き様が感じ…