夏の後に現れる「セプテンバーさん」とは何者か。




楽しかった夏休みの後にやってくる9月
夏が抜けきらない憂鬱な月でもあり、秋の訪れを感じ始める月でもある。
月見団子を飾る、十五夜をイメージする人もいるだろう。
秋雨で嫌になる人もいるかもしれない。

かっこいい弱虫、みごとな意気地なしの意味を冠するバンド「RADWIMPS」
彼らの楽曲の中にそんな9月を人型にしたようなナンバーがある。
メジャーデビューアルバム「RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~」に収録された1曲で、可愛らしいシンプルなメロディと、セプテンバ~♪と繰り返し歌うフレーズが特徴。

その名は、『セプテンバーさん』
1.jpg

RADWIMPS「セプテンバーさん」
――――

一人のために描いた夢を誰かに使いまわした
そんなこともあるさと笑える僕もきっとセプテンバー

『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの
「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの

でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる
こんな二人を繋ぐのはきっとなんでもないセプテンバー

――――

夏休みを終えると、クラスにカップルが急増していた事はないだろうか?
海にお祭り、花火大会と行事が盛りだくさんの8月をきっかけに付き合ってしまうパターンは多い。
普段とは違った一面を見るというのもあるだろう。


“『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの”


つまり、夏の魔法を秘めた8月は相手も3割増しに見えるということだ。
しかし、そんな魔法頼みで結ばれたカップルは続かない事が多い。
9月が憂鬱に思えてしまうのは、そんな別れと重なってしまうからかもしれない。


“そんな時に一人ぽつんと疼くまってたセプテンバー”


隅っこで、ぽつんと疼くまる『セプテンバーさん』
誰もが憂鬱なままなら、きっとこんな調子だろう。
しかし、魔法の効力が切れるのを待つのではなく気持ちを持続させていくつもりがあるならセプテンバーさんは立ち上がる。
2人に手を差し伸べる為に。


“でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる”

“こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー”


夏のような派手さもなくやって来る『セプテンバーさん』
8月みたいに、魔法は持っていないし輝いてもいないのかもしれない。
けれど、本物の気持ちを繋ぐ力を持っている。

そっと2人の手を取って、笑う季節。
『セプテンバーさん』を聴いて、感じてみたい。

TEXT:空屋まひろ

ぐるぐるカーテンで隠されたもの

泣きたい人必聴!?今どきの涙活はソナポ…