銀魂ファン必見!「ANI-ROCK Fes.銀魂LIVE CARNIVAL」出演アーティスト特選3組!



2016年7月16日、幕張メッセイベントホールにて2016年3月までテレビ東京系で放送されていたアニメ「銀魂」の世界を彩ったアーティストが集結するライブイベント「ANI-ROCK Fes.銀魂LIVE CARNIVAL」が開催されます。

銀魂といえば江戸時代にはありえない要素が多く詰まったSF時代劇コメディとして人気ですよね。2004年に週刊少年ジャンプにて連載がスタートし、2006年からアニメ放送開始、現在まで4度アニメ化され2度映画化されています。

2013年7月に「銀魂完結編」と銘打った完全オリジナル映画も公開され、もうアニメ化はないと思ったファンも多いと思いますが2015年4月から2016年3月まで第3シリーズが放送され歓喜に沸いたファンも多いでしょう。これまでアニメの主題歌を担当したアーティストは37組に及び、Base Ball Bear、BLUE ENCOUNTなど新進気鋭のアーティストを多く起用したことでも毎度話題になりました。

ここからは同ライブイベントに出演する、ライブを盛り上げるであろうアーティストを3組、楽曲と共に紹介します。


▽DOES バクチ・ダンサー


2010年4月リリースのDOESの10thシングルで、映画「劇場版銀魂 新訳紅桜編」の主題歌に起用されました。タイトルにある「バクチ」は、賭博の「博打」ではなく、“まっしぐら”という意味の「驀地」。ボーカル&ギターの氏原ワタルが辞書を引いて知り、こちらが採用されました。
DOESはこの曲含め5曲銀魂に楽曲を提供しているので、銀魂ゆかりのバンドとしてライブを盛り上げてくれそうですね。


▽SPYAIR サムライハート(Some Like It Hot!!)


2011年6月リリースのSPYAIRの4thシングル。「サムライハート」というタイトルは銀魂から連想してできたタイトルであり、その後の(Some Like It Hot!!)は「サムライハート」を空耳で聞くとこう聞こえることからダブルミーニングとして命名されました。
この曲はシングル「現状ディストラクション」の初回盤に第2期延長戦のオープニング「サクラミツツキ」と共に収録されました。


▽CHiCO with HoneyWorks プライド革命


2015年8月リリースのCHiCO with HoneyWorksの3rdシングルです。大切な人とならどんな困難でも乗り越えられるということを歌った疾走感溢れるロックチューンですね。

~~~~~~~~~
銀魂LIVE CARNIVALライブを盛り上げるであろうアーティスト特集いかがだったでしょうか。
このほかにAqua Timez、OKAMOTO’S、ねごとが出演します
これまでライブと公開アフレコなどを組み合わせたイベントは行ってきましたが、ライブのみのイベントは初めてとなるので銀魂の歴史に残る日となりそうですね。

TEXT:ユニーク

CUBERS×人力舎のコラボでガチコン…

6月19日は父の日!日頃仕事を頑張るお…