特集一覧

これぞ『僕街』が起こしたリバイバル!ASIAN KUNG-FU GENERATION『Re:Re:』

ASIAN KUNG-FU GENERATION『Re:Re:』はアニメ『僕だけがいない街』のオープニングテーマ。もともとこの『Re:Re:』は、2004年のアルバム『ソルファ』収録の曲。2016年1月にこのアニメの主題歌に採用となり、2016年3月にシングルとして発売されます。

『おそ松さん』ヒットの流れで細川たかしの『おそ松くん音頭』も再評価してほしい

現在、テレビアニメ『おそ松さん』が大ヒット中です。もともとは赤塚不二夫の大ヒット漫画『おそ松くん』。かつて大ヒットを飛ばし、日本中の子供が「シェー」をやったほど影響力を持った作品です。そんな『おそ松くん』が赤塚不二夫生誕80周年を記念し、27年ぶりの再アニメ化。大人になった六つ子を描いた『おそ松さん』はなんと女性人気を獲得してしまいました。松ガール急増中という現象を起こしている『おそ松さん』。

秋元康でも予想できなかった『おそ松さん』の六つ子の未来!細川たかし『正調おそ松節』を今こそチェックせよ

『おそ松さん』がとんでもないことになっている。関連イベントは長蛇の列、アニメ雑誌で特集が組まれたらたちまち重版。松ガールなんて言葉まで出来て六つ子にそれぞれ推し松がつく始末だ。

魂が共鳴するタイアップ関係はある。DOESの『バクチ・ダンサー』と『銀魂』

DOESは3人組のバンド。かなり男くさい魅力をはなつグループです。DOESの『バクチ・ダンサー』はアニメ『銀魂』の映画版『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の主題歌。2010年の曲。アニメ『銀魂』は週刊少年ジャンプで連載中の漫画原作。架空の幕末・維新を舞台にしたSF人情コメディです。

ユーミンの『やさしさに包まれたなら』にみんなが包まれたなら

名曲『やさしさに包まれたなら』。この曲は、最初は1974年に荒井由実名義で発表されています。もともとは不二家ソフトエクレアのCM曲。ソフトエクレアとは、クリームをキャラメルでつつんだキャンディのこと。クリームをキャラメルでやさしく包んでいたCMの歌。だから「やさしさに包まれたなら」とは、そもそもキャラメルを包むことだったのです。

ドラえもんへの敬意を忘れないBUMP OF CHICKENの『友達の唄』

BUMP OF CHICKENの『友達の唄』は『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち』主題歌です。メンバーもドラえもん好きで、まさに理想のコラボと言えるでしょう。毎回のことですが、バンプはとにかくタイアップがうまいバンド。歌詞が見事に内容と対応しているのが分かります。自分達のカラーを守りつつ、タイアップ作品の本質をとらえる曲作り。ずっと第一線で活躍できるのも頷けます。