特集一覧 コラム

解散危機、メンバー離脱。。。それでもBON JOVIが走り続ける訳。

洋楽を聞いたことがなくてもBON JOVIという名は聞いたことがあるだろう。アメリカのニュージャージー州で結成され、1984年にアルバム「Runaway」でデビューしたハードロックバンドだ。これまでに全世界で1億3000万枚以上の売り上げを記録しており、デビューから30年以上経った2017年4月現在も世界ツアーの真っ最中だ。世界的な地位を確立しながらデビュー当時から人気が高かった日本との関わりも深く、来日公演数は100回以上を数える。

『今一番おいしいバンド「おいしくるメロンパン」! 『色水』に見る鮮やかすぎる表現力』

音楽フェス全盛期。 今時ロックに求める事は猫も杓子も「大きな会場でのライブでどれだけ踊れるか」のようで、そんな風潮にキュウソネコカミが「歌詞に意味なんかいらない」「結局音楽はBGM」と皮肉をかましてもオーディエンスは構わず踊り続けている。

20周年を迎えたGRAPEVINE「Arma」で歌われる彼らの武器とは?

イントロが鳴り響いた瞬間、圧倒的な存在感に包み込まれる。これが映画のエンディングだったら泣いてしまうかもしれない。 1997年にメジャーデビューし、今年で20周年を迎えるGRAPEVINE(グレイプバイン、以下「バイン」)。

スピッツが朝のハッピータイムにお届けする『ヘビーメロウ』に出てくる「赤い服」が指すものとは?

スピッツとは、草野マサムネ(Vo/Gt)、三輪テツヤ(Gt)、田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)から成る1987年に結成された日本を代表するロックバンドである。 今もなお、世代を超えた多くのファンに愛され続けるスピッツが、7月5日に初のシングルコレクションをリリースする。

映画『帝一の國』の主題歌を歌うクリープハイプ ”一本の糸”が結ぶ、尾崎世界観の意図とは?

クリープハイプとは、音楽活動に限らず、多方面で才能を発揮しているフロントマン、尾崎世界観(ボーカル&ギター)、長谷川カヲナシ(ベース&コーラス)、小川幸慈(ギター)、小泉拓(ドラム)で結成された4ピースバンド。その楽曲9割の作詞作曲を、尾崎世界観が担当している。クリープハイプというのは、尾崎が、高校生の時に作ったバンドで、幾度によるメンバー脱退を経て、一時期はソロユニットとして、サポートメンバーを付けて活動。その後、2009年11月から現メンバーでの活動を開始し、現在に至る。

スピッツの『空も飛べるはず』は『めざめ』だった

2017年、スピッツは結成30周年をむかえます。数多くの音楽グループがありますが、誰もが知るヒット曲を出し、その上30年継続できるグループというのは、多くありません。すごいことですね。