特集一覧 コラム

スピッツが探しつづける「愛のことば」とは何か?

突然で恐縮だが、「愛」ほどたくさんのアーティストに歌われてきた言葉はないし、歌のテーマになっている言葉はない。 その反対に「愛」ほど実体があるようでつかみどころのない言葉もない。 「愛している」と口に出して言った瞬間にそれがありふれた言葉に変わってしまう、という経験がある人は多いと思う。 そんな実体があるようでない蜃気楼のようなマジックワードについての曲がスピッツ「愛のことば」だ。

スピッツ『チェリー』が多くのアーティストにカヴァーされるのはなぜか

今年で結成30周年を迎え、2017年7月5日にはシングルコレクションを発売するスピッツ。収録曲はデビューシングルの『ヒバリのこころ』から最新シングル『みなと』までの全シングルと新曲の『ベビーメロウ』、『歌ウサギ』、『1987→』の計45曲となっている。今回はその中から「御三家」(『ロビンソン』、『空も飛べるはず』、『チェリー』)と呼ばれている曲のひとつ『チェリー』の歌詞を紐解いていきたい。

「シロクマ」でスピッツを再確認する「スピッツらしさ」

シロクマは、動物園のような狭い空間ではシロクマらしさを失いやすい。なぜなら、あの北極の見渡す限り白い氷という、広大な環境を動物園では再現することが不可能だからだ。動物園のシロクマは、左右に行ったり来たりという異常行動をすることが多くなる。

【歌う動画トップテン:6/26付】人気アニメ「サクラダリセット」EDテーマを歌うあのアーティストが今週の首位!!

UtaTenが独自集計!!歌う動画トップテン!

スピッツ「ロビンソン」の裏にはある人物の存在があった

スピッツの音楽はいつかの記憶を掘り起こしたような、懐かしい空気を感じさせてくれる。それはフィルムのように記憶の中に保管され、色褪せる様子を見せない。 遥か昔に聞いていたとしても、心の琴線に強く触れた感覚は残る。スピッツの音楽が普遍的なものとして、心にとどまり続けている人も多いはず。

「瞳に映らない」彼女は何者? indigo la Endが描く小説のようなラブソング

良くも悪くも世間の注目を浴びることが増えた、バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音。 数々のタイアップや楽曲提供を行い、メジャーデビュー間もない頃からクオリティの高い楽曲を大量生産するスキルとセンスに長けた彼だが、本人がツイッターで街で出会った他人に「ありあまるゲスだ!」と言われてしまったと告白するぐらいには、色々あった人物でもある。 しかし、正直彼の本来の持ち味や作風の魅力を知る者からしてみたらそんな世間一般の扱いは失礼極まりないし、そんな彼の本来の作風の魅力をわかっている人は、案外少ないんじゃないかと思う。