特集ランキング J-POP & コラム

【J-POP & コラム】ランキング(8/18付)
前の週 | 次の週
1位
中島みゆき『糸』 幸せではなく「仕合わせ」と歌詞に書かれている理由とは・・。
北海道札幌市出身のシンガーソングライター中島みゆき。
Column 笹谷創
2位
湘南乃風の『睡蓮花』が濡れたまんまでイク意味
湘南乃風の代表曲『睡蓮花』は2007年発売の曲。作曲はMINMIでソカの要素を取り入れています。アイドルフェスでもアイドルがカバーしている曲。なぜこの曲は好かれるのでしょうか。
Column 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)
3位
井上陽水『少年時代』に散りばめられた造語には本当に意味はないのか?
1990年9月にリリースされた井上陽水の『少年時代』は、自身の最大のヒット曲であり、代表曲の一つに挙げられている。
Column 川崎龍也
4位
現代の男性にこそ聴いてほしい!「カッコ悪さ」を体現したジュリーの「超カッコいい」渾身の一曲
皆さんは、「カッコいい男」と聞いたらどんな男性を思い浮かべますか?顔、スタイルなどの外見に限らず、性格、雰囲気などさまざまな要素があります。個人の好みもありますから、「誰もが憧れるカッコいい男」をあげるのはなかなか難しいですよね。 しかし、1970年代にはいたんです。誰もが思う「カッコいい男」を演じてのけたパフォーマーが。彼の名は沢田研二、人々はジュリーと呼びました。
Column サニー
5位
おじいちゃん、ありがとう。WANIMA「1106」が伝える感謝の気持ち。
WANIMA、勢いが止まらない。2016年1月、財津和夫「切手のないおくりもの」のカバーがカーセンサーのCM曲になり、全国的にも認知されてきたであろう彼ら。既に昨年のロックフェスでも大人気で、私は3回ほどWANIMAの出演するフェスに行ったにもかかわらず、入場規制で1回しか見られなかった悔しい思い出も…。
Column 佐藤マタリ
6位
東京喰種OP TK from 凛として時雨『unravel』カネキの悲痛な叫びを歌詞と音で完全再現
オープニングテーマとして書き下ろしたのが、凛として時雨の『unravel』である。
7位
夏の終わりソングの鉄板「夏の終わり」 に込められた本当の意味
森山直太朗の代表曲の一つ「夏の終わり」。2003年のシングルで、森山直太朗の歌マネでもよく使われる楽曲です。 サザンの「真夏の果実」、ZONEの「secret base ~君がくれたもの~」、井上陽水の「少年時代」など夏ソングは沢山あります。そんな夏にふさわしい曲の一つ。
Column 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)
8位
がっこうぐらし!OP『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』明るい歌詞にはSOSが隠されていた!?
アニメ『がっこうぐらし!』そのオープニングテーマとなったのが学園生活部の4人が歌う『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』だ。
9位
猿の惑星から発するSOS、Suchmos『Miree』
Suchmosは2013年に結成されたばかりの若手バンド。メンバー6人は全員神奈川育ちの幼馴染み。メンバーにはDJもいます。バンド名の「サチモス」とは、ルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」からきています。ルイ・アームストロングと言えば『この素晴らしい世界』の歌唱でも知られるジャズ・ミュージシャン。トランペットがうまく、スキャット唱法で楽曲を録音した初の人物。
Column 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)
10位
赤裸々、だから胸に刺さる。My Hair is Badが描く映画のような恋の結末
「なんで、彼と別れちゃったんだろう。好きだったのに」 「あの時、もうちょっと優しくしてたら、あの子とまだ続いていたのかな…」 昔の恋人のことを思い出してセンチメンタルな気分になった日は、My Hair is Badの「悪い癖」を聴こう。
Column 佐藤マタリ
前の週 | 次の週