日本武道館2016に関する歌詞

2016年に初めて日本武道館公演を行うアーティスト特集!
今回は2016年に初めて日本武道館でライブを行うアーティストを4組紹介します。
ミュージシャン憧れのライブ会場である日本武道館。
これまで日本のアーティストでは矢沢永吉、THE ALFEEといった大物からKANA-BOONやKEYTALK、星野源といった近年デビューし人気を上げてきた若手など数多くのアーティストがライブを行ってきました。
海外アーティストも来日ライブなどでの使用例も少なくありません。
また、日本武道館公演の記録も存在し、その一例をあげると現在でのデビューから最速で日本武道館公演を行ったアーティストはナオト・インティライミの8か月、一日に一番多くライブを行ったアーティストはSMAPの6回などこのほかにも記録があります。
ここでは2016年に初めて日本武道館公演を行うアーティストを4組代表曲と共に紹介します。


2014年7月リリースのSHISHAMOの1stシングル。
彼と来た夏フェスの一日を女性目線で描いたこれからの季節にぴったりなナンバーですね。
MVは2014年に初開催され、SHISHAMOも出演した埼玉県で毎年5月頃に開催されているロックフェス「VIVA LA ROCK」をモデルに制作されていますが場所は新木場スタジオコーストで撮影されています。
また、このシングルを最後にベーシストがメンバーチェンジしています。
SHISHAMOは2016年1月4日に初の日本武道館公演を行いました。
6月には大阪城ホールでライブを行なったので2016年は飛躍の年となったでしょう。


2016年6月リリースのBLUE ENCOUNTの5thシングル。
何かを頑張っていて結果が出ず苦しんでいる人の背中を押してくれる応援ソングですね。
10月9日に行う日本武道館公演でも大合唱できるブルエンの新たなアンセムとなるでしょう。
ジャケットの題字は彼らの同郷で書道家の武田双雲氏が手掛けています。


2013年7月リリースのMY FIRST STORYの1stシングル。
ボーカルのHiroは兄がONE OK ROCKのボーカルTakaで森昌子・森進一夫妻を親に持っていることは有名な話ですがこのレールに縛られずに自分の音楽をやるという決意が見られる楽曲ですね。
マイファスは2015年末をもってギターのShoがライブ活動を無期限休止、2016年3月にドラムスのMasackが脱退、新ドラマーKid'zが加入し新体制となりました。
現在47都道府県ツアーの真っ最中であり、11月18日にツアーファイナルで日本武道館公演を行います。
このツアーを経てさらにパワーアップしたマイファスが見られることでしょう。


2011年6月リリースのGalileo Galileiの4thシングル。
「あの花」の愛称で知られるアニメと実写ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のオープニングテーマに起用されました。
MVはタイアップとなったアニメの舞台である埼玉県秩父市で撮影されています。
このシングルは自身最大のヒットとなりました。
Galileo Galileiは2016年1月にバンドの活動終了を発表しました。
6月に最初で最後のベストアルバム「車輪の軸」をリリースし、10月11日の日本武道館公演がラストライブとなります。
ぜひとも3人の最後の雄姿を見届けたいですね。

2016年に初めて日本武道館公演を行うアーティストを4組紹介しましたが、ロックの聖地と呼ばれる場所でもあり、アーティストにとっても特別な場所と言えるでしょう。
今後新たに日本武道館公演の記録を塗り替えたりするようなアーティストが登場するといいですね。
Presented by ユニーク