笹谷創のプロフィール

笹谷創
ある日、おじいちゃんに「客観性に収斂せよ」と説かれ、言葉の存在意義を考え始める。
日々、文字を連ね言葉の持つ諧謔性・残忍性・恣意性に導かれる。結果、物書きとなる。

独りぼっちのささじぃ。

笹谷創の人気記事

笹谷創の記事一覧

「RIDE ON TIME」から見る山下達郎の音楽の姿勢

いつまでも理想を追い続け色褪せない音楽を作り続ける山下達郎。心地よい楽曲群を作りあげる彼は「一人アカペラ」と呼ばれる。 繊細に声を重ね作りあげる彼のコーラスに魅せられた人が続出している。まるで人間の声ではないようなハーモニーを聴かせてくれる。

『金の事などどうでもいいから』 クレイジーケンバンド「タイガー&ドラゴン」は人生そのものを音楽に詰め込む

人生の浮き沈みを知る魅力的な大人たちを虜にする「クレイジーケンバンド」。高い音楽性に言葉の重みを感じさせる彼らの楽曲は、何度だって聴く価値がある。 当たり前の話であるが、音楽は人が奏でている。クレイジーケンバンドの楽曲を耳にすると、人の魅力が音に乗るという音楽の原点を思い出す。

銀杏BOYZはなぜカリスマなのか。「Baby Baby」から紐解く

1人の人間の影響力とは時に計り知れない。その人物はカリスマと呼ばれ、多くの支持者を持つ。貴重な野生の動物を眺めているようであり、彼の一挙手一投足に注目が集まる。銀杏BOYZのボーカル峯田はまさにカリスマと呼ぶにふさわしい。人々に強烈なインパクトを残している。彼には、技術では説明がつかない何かが取り憑いているようだ。