1. 歌詞検索UtaTen
  2. おおい大輔

おおい大輔の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

おとこ人生夢芝居

酒の力じゃ 役には立たぬ 恋は男の 器で決まる ついてきてくれ

昭和時代の忘れ物

その日暮しで 明日が見えぬ そんな世間に 流されて 命浮かべて

君に幸せあげたい俺さ

やっと逢えたね 逢いたかったよ 涙浮かべて 笑顔を見せる そんなおまえが

さらば

友よ 旅に出るのは いつかは帰る日が みんな有るからさ 戻らぬ旅は哀しいよ

ふるさと祭り

耐えて忍んで 雪解け流れ 桜吹雪の 花が舞う 春の訪れ

夢追いかるた

浅き夢みし どろんこ道に つけた轍の 数いくつ めぐり逢わせの

男ごころよ

雨が冷たい 路地裏酒場 つらい涙も 酔わせて捨てる 話す思い出

まつり~日本列島祭り歌~

日本列島 北から南 天に向かって 陽が昇りゃ 祭り太鼓が

男の愚痴と幸せ探し

赤い口紅 グラスにつけて あなたが好きと 縋って泣いた あんないい女

男と女

赤いグラスを 静かに揺らし 微笑むその瞳に あふれる涙 少し痩せたか

男は演歌だね

仕事帰りの 居酒屋で 送る仲間と くみかわす おまえさんなら

酒場「大輔」

ドアを開ければ 馴染みの顔が 今日も十八番を 聞かせてる 酔えば口説いて

風は山河の彼方より

男の魂… 揺さぶるけれど 時代のうねりは 止められぬ 世間のざわめき

夜霧船・泊り船

泣いて おんなは 行くなとひきとめる 旅をいそぐ男は ほそい指をはらう

望郷・津軽じょんがら流れ唄

岬は今日も 海鳴りが さわいで風花 はこぶだろう 心にもなく

俺が笑顔に変えてやる

苦労したのか やつれたおまえ 夢を追いかけ 生きていた 強がり・泣き癖変わらない

俺がそばにいる

こんな私で いいのかと 尋ねるおまえを 抱き寄せる 過去も未来も

大井追っかけ音次郎

渡る雁 東の空に 俺の草鞋は 西を向く 意地は三島の

風にまかせて

やさしい夢ならば 追いかけもするが 悲しい夢なら 追いかけたくない 二度と恋なんか

酒場ものがたり

恋は 行ったり来たり いつも 女の心 心をゆらす

他人ばかりの東京で

他人ばかりの 東京で あかりひとすじ 見えてきた 赤い提燈

人生勝負!!

金は天下の 回りもの 明日の夢は 掴むもの 七つ転んで

おしどり海峡

燃える朝日が おまえを照らし 俺は舵取り 網を引く おしどり海峡

じょんから恋歌

辛い涙も ふたりで耐えて 暖簾かかげた 五所川原 津軽三味線

黄昏海峡

赤い夕陽に 翼を染めて どこへ帰るか 鴎どり 海峡越えて