1. 歌詞検索UtaTen
  2. かりゆし58

かりゆし58の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

オワリはじまり(ドラマ 三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~ 主題歌)

もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい 親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい 一生忘れないような出来事に出会えたかい

レイニー・レイニー

読みかけの本と 録画してた映画 ゆうべの残りのピザを温めてかじる どしゃ降りの雨で どこにも行けなくて

アンマー

初夏の晴れた昼下がり 私は生まれたと聞きました 母親の喜び様は大変だったと聞きました 「ただ真っ直ぐ信じる道を歩んでほしい」と願いこめて 悩み抜いたすえに

ウージの唄

ウージの小唄 ただ静かに響く夏の午後 あぜ道を歩く足を止めて 遥か空を見上げた この島に注ぐ陽の光は

春が来た

春が来た 春が来た どこに来た 山に来た 里に来た

流星タイムマシン

あの日のままの記憶に細く続く道 ペダル軋ませて走る自転車 何も言わないで 吐息ひとつさえ漏らさないで じっと耳を澄ませているよ

手と手

手と手を 手と手を その手と手を 手と手を 手と手を

会いたくて

何年経っても一緒さ 大事なものは変わらない 君と出会ったあの夏を死ぬまで忘れやしないだろう やたらと夢を語っては 立ち向かうふりして逃げてた

情熱の薔薇

永遠なのか本当か 時の流れは続くのか いつまで経っても変わらない そんな物あるだろうか 見てきた物や聞いた事

恋人よ (アコースティック ver.)

人を信じ抜くということは こんなにも難しいものか アナタを想えば想う程に 不安や嫉妬がついてまわる 両刃のような恋心よ

希望の唄

こっちおいで もうすぐはじまりの合図が鳴るよ 晴れたり降ったり天気が移りゆくようにぼくら 笑ったり泣いたりしながら日々を忙しく生きる

ピクニック

丘を越え 行こうよ 口笛 吹きつつ 空は澄み

ナナ

道草食っていこう 1つ大事な話があるから ポケットの奥に忍ばせた小さな箱の中で光る 永久の誓い

さよなら

さよなら ただただ愛しき日々よ ずっと忘れないだろう 僕は君を

電照菊

電照菊の光よ 夜の帳を照らしてくれないか 大切な人がいつか夜道に迷うことなく帰りつけるように 何もない田舎町で芽生えたアナタと僕の恋は

Oh!Today

Get up boys,get up girls.

夜行列車

『神様 お願い 力をください どうしても守りたいものができました』 時々

エーデルワイス

「ごめんね」や「ありがとう」とか「おはよう」 「おやすみ」「じゃあ またね」とか ぼくの口から こぼれる言葉

ジュークボックス

毎日毎日同じ平凡で退屈な生活に追われているから どうにもウンザリしてしまうよ 冴えない モテない お金もないのに

オリーブ

この広い空の下では今も どこかで醜い争い続く 名前も知らない人同士が ためらうこともなく銃口向け合う ブラウン管に映る情景は

全開の唄

ぶちかましてやろう 出たとこ勝負いつでも全力 後悔先に立たず 役立たず 今日も自己ベスト

心に太陽

もう少しあとちょっと あと一歩進んでみよう 何かが変わるかも 動き出すかも 遅すぎやしないさ

日々紡ぐ

「夜の向こうじゃもう明日が生まれているのか」なんてこと 考えているのはきっと僕だけじゃないんだろう 冬の寒さに震える人 穏やかな春に生まれる命

雨のち晴れ

実はそうさ強がって 平気なふりをしてるけど 心の中寂しくて 怖い 怖い

ただひとつだけ伝えたいこと

もしも今 この歌を君が聴いてくれてるなら それはちょっとだけぼくが 君の心にお邪魔してるってこと だから思うんだよ

Happy birthday song

Happy birthday ありふれた奇跡 重なった命がふたつ 合わさって

少年

いつの日も見果てぬ夢の中で 可能性は輝いている 未来は静かに佇んだままで 君と出会う日を待ち続けている

髪を切る

きっと世界は続いてくんだろう 暗闇に怯えてるとかどうかしている 記憶のないまま意識が遠のくほど 大切な事がわかるのは大抵雨の後

予告編

知ってるかい?握りしめたこの手の中に何が隠されてるか 見たい?見たい?でもまだ内緒さ 秘密の計画が進行中 ただ点と点はいつか結びつくから その日をどうぞお楽しみに

ユクイウタ

なんだかんだで時間が過ぎるのは本当あっという間 妹夫婦のとこにも とうとう待望の二人目 おれ達の団地が名前を変えて 何とかハイツになる

全て見る