1. 歌詞検索UtaTen
  2. さだまさし

さだまさしの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

0-15

えー、さて、えー、次のおハガキを読んでみたいと思います。 これは、えー、練馬区ですね。えー、新井秀次、ね。練馬から、 いらっしゃい。きたねえ字だなこりゃな。字かこりゃ。 僕は以前、えー、あ、さださんお願いがあります。僕は昔から 以前から、好きな女の子がいる、いたんです。ところが、最近、

51

背番号51番の選手がフェンスを蹴って空に舞い上がり ホームランを掴みだして アウトにした時ボールパークは大きく揺れた でも口々に彼の名を叫ぶ人々の多くは彼の生まれた その国が地球上の一体何処にあるかなんて知らないと思う

8つ目の青春

僕が先輩を尊敬している訳は 男は恋をしていればいつだって青春だぞと 幾度倒れてもきっぱりと言い切れる その明るさと強さ 先輩は既に7つの青春を散らして来たが

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました なによりあなたが元気でよかった 宝物をありがとう 思い出届きました

Close Your Eyes -瞳をとじて-

Close Your Eyes 瞳をとじて Open

Dream~愛を忘れない~

Dream いつまでも Dream 色褪せることなく Dream

Forget-me-not

あなたの向うであの人があなたの 片手を強く抱きしめている このまま私が手を離さなければ あなたの腕がちぎれてしまう それが辛くて手を離すそんな

GENAH!

あっかとばい のんのかばい あっかとばーい かなきんばい おらんださんからもろたとばい

HAPPY BIRTHDAY

誰にだってひとつやふたつ 心に開かずの部屋がある 一生懸命生きているのに 傷を恥じる事などないさ

LIFE

たとえばふらりとお茶でも呼ばれるみたいに この世に生まれ 四方山話に花を咲かせてまたふらりと 帰って行く そんな風に生きられたらいい

MOTTAINAI

豊かな時代に生まれて来たから 食べられるものが沢山あって 食べ残しても胸が痛まなくなっちゃったよ MOTTAINAI 例えば壊れた物なんかでも

October ~リリー・カサブランカ~

今日 君の誕生日 ふと思い出した 元気でいますか しあわせですか

Once Upon a Time

窓を叩く雨に 無口な夜の寂黙 何時からだろうふたり 別々の夢を見てる 悲しくもなれぬ程

Reborn ~嘘つき~

置き去りにした夢と 昨夜街で出会った そのとき綺麗な花が枯れてゆく時の 悲しみが染みてくる匂いがした 切ない記憶みたいにね

SMILE AGAIN

もしもあなたが今 悲しみの中にいて よるべない不安に 震えているのなら 声にならない声を今

SUNDAY PARK

公園のベンチで僕は 過ぎた愛の哀しさを数える ひとりそんな午後 子供はブランコの順番 争い

あなたに会いたい 泣きたいほど会いたい たった一度のめぐり会いといえど 奇跡を超えた出会いや人がある

愛燦燦

雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

哀愁波止場

夜の波止場にゃ 誰ァれもいない 霧にブイの灯 泣くばかり おどま盆ぎり盆ぎり

愛について(家なき子レミ OP)

あなたに会いたいと 願い続けて 今日もまた 旅をゆく 果てなき青空

愛の音

心静かに目を閉じて あなたの愛の音を聞く 寄せては返す波のごとく 寄せては返す愛の音

青の季節

あの日 二人きり 隣に腰かけて みつめた シャガールの

赤い靴

坂道の途中でふと振り返れば 幻のように 光る海が見えた あの頃の二人は いつも港を見てた

赤い月

散りゆけば 何も無き 桜に厭きて 見捨て行く人もある 春の夕暮れ

秋麗

倒れかかった身体同士で 互いを支えあえたら人という文字になる 支えられたり支えたり 人は一人では生きられないと気づくもの きっとあなたとふたり

空缶と白鷺

白鷺が一羽 一輪の白菊の様に 汚れた河のほとりで 空缶に埋もれ 静かに

秋の虹

まるめろの花の咲く頃に お前は生まれて来たのです 母さんが嫁いで 2年目の春でした

秋蘭香

菊の花よりも 昏き淵より匂い立つ その花の名前を 知りもせずにときめいてた

明日咲く花

よく頑張ったねって言って欲しかっただけ あなたが気づいてくれたら それだけでいい よく頑張ったねって褒めて欲しかっただけ あなただけの為に

明日檜

息を殺して会わねばならない人 その風景は 廻り道などない まるでぬかるみ越しの 袋小路のゆきどまり

全て見る