1. 歌詞検索UtaTen
  2. やしきたかじん

やしきたかじんの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

やっぱ好きやねん

もう一度 やり直そうて 平気な顔をして いまさら さしずめ振られたんやね

泣いてもいいか

馬鹿な 男だから 女がいつも 泣いてくれた 気障に

大阪恋物語

大阪恋物語 安物の恋か知れんけど うちは死ぬまで 忘れんからね 誰よりも素敵な人

なめとんか

月のあかり見てたら 少し涙こぼれた 電話の向こう 笑った声 聞こえないふりしたけど

焼けた道

誰も知らない 愛がどこにあるのか 空の角にも 焼けた道にも 人を愛した奴はいない

想い出にて

今頃 誰を抱いてるの 届いた噂の消印は あたしの知らん街の名が 書いてあった

東京

あんたとなら いつ死んでも かまわへん 忘れないで そんな女いたことを

砂の十字架(機動戦士ガンダムI ED)

ライリー ライリー ライリー リラー 命かけて誓えど

順子

不思議だね 今こうして 君を抱きしめてるなんて いくつもの偶然が 二人

もしも夢が叶うならば

みんな笑ってると 知っているけど 焦がれても燃えても 遠い人やと そうよ

泣いたら負け

疲れ果てた気持ちを 吐き出すように つぶやく サヨナラ 女の口から

ながばなし

もしもし 昔、幸せむだずかい 私の分はおしまい もしもし 幸せは残ってるあと一個だけ

近頃の人生

ぼくたちはある日 旅立てるだろうか 果てしない素直さの中を 歩いてゆけるだろうか ぼくたちに愛は

未練 ~STILL~

遅いテレビは 出会った頃に 二人見た映画 そういえば 最後の夜も

ICHIZU

いつもそう 甘い夜の あくる日は遅いから テーブルはもう 片付けましょう

あんた

うちのことは ええからね どうせ命は 預けたんやから だからハンパな

さよならが言えるまで

ふたりの影を 映す河面に 黄昏のささやきが 降りてくるよ 叶わなかった

ゆめいらんかね

優しい女が 一人居た 愛していたし 愛されてた 春になれば

流れ者

流れ者の背中には 好きなお女の影が居る 吹きっさらしのからっ風 そんな背中をなぜせめる

けもの道

風が走りぬける 野の花を吹きわけて 錆びた血の匂いが そのあとを追って行く けもの道

愛の時代に

お前の細い肩を抱いたら 別れの気配 もっと優しい 女が出来たのと 優しさなんて

スターチルドレン

おゝ 宇宙よ ゆらめく鼓動 スターチルドレン スカイハイ

惚れた弱み

あたしのことは どうでもかまわない 両手あわせ 夜空を見上げた お願いだから

Walking On

男はいつでも 歩き続けることで 足の傷みを 忘れようとする お帰りなさい

君はどこへ

春の風が 僕たちを 通りぬけていくよ ふたりはおなか ペコペコ

明日になれば

あなたは虹色の未来を語ったけど 今の現在を見なかった そして過去は 朝つゆのひとしずく てのひらで振りはらい

今さら…

吸い慣れた煙草を 替えてみる とどのつまり 男と女 馴れ合いすぎても

かりそめのパートナー

月が空と海に ひとつずつ浮いてる 君は瞳閉じて 膝を抱いてる ためいき

横顔

蒼い雨が とめどなく降るせいか あなたの声が 聞き取れなくて あの店から

さよならの落としもの

おしゃべりな街 にぎやかな夢 ふとした出逢い たくさんの愛 そして

全て見る