1. 歌詞検索UtaTen
  2. アースシェイカー

アースシェイカーの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

RADIO MAGIC

何となく こんな夜は 君を引き止めたい 明日になれば バスに乗り込み

リトル・ガール

服を選び 鏡の前 日々を 君は愛した 少しだけの

夢の果てを

激しくからむ オマエのその手が こおる身体を ベッドに沈め

夕星の芒野と消ゆ

木隠れに 風切り こぞりて 目の前は始線になぞる

約束

繋ごう 言葉にさえ出来ぬ想い 旅人の詩にして 孤独さえも連れて行こう 今は届かぬ明日と知っても

MORE

人を憎む弱さをみた おどけ笑いのうしろに 忘れていた ひとりの Gameに

矛盾という名の愛

窓に吹き込む 風が痛いよ 一人きりの部屋を何で飾ろう 数え切れない時間のいたずら 愛を重ねすぎて

マシンガン・マッシュルーム

止まらない 止まらない これからは ギリギリを 越えちまった

僕の詩、その証を君へ

探し続けてた 街の灯なぞるように 窓に描いた 僕の詩、その証を 翳む朝焼けを

炎に身を焦がして

クラブの隅 バーボンロック 笑い声が 夜に舞い 風の音が

星に願いを

帰り道 夜空飾る 星達が瞬く 賑やかな町の灯に 少しだけ霞んで

誇りであるために

眠れなくて 君の寝顔を見てる これまでの日々を 重ね合わせ

放熱

無機質な人の群れに 僕は立ち尽くしてる 逆流を起こさぬように 機械仕掛けで歩く街

ペイパーミュージック

(MUSIC) COOL MUSIC お馴染みの

百戦錬磨のヒーロー

白と黒を混ぜ合わすように仕事がうまってく 寝不足もかなり重なって明日が憂鬱に思えてる 永遠の愛を交わした相手もいるけど 午前0:00時リビングのすみ なぜか今夜も一人きり

瞳に残る炎

明日を見てたあの瞳をすて 今日という日を垂れ流し 痛みになれない自分騙せず 未来なんて過去の話し

走り抜けた夜の数だけ(アンプラグド・ヴァージョン)

幼い頃さ 抱えきれぬ夢が 覗いた Road map

走りぬけた夜の数だけ

幼い頃さ 抱えきれぬ夢が 覗いた Road map

灰になるまで

時のなか人の想いをぶちこわし明日を守る そのなか君が見る夢で今は幸せだね 孤独のなかで何度も死ぬほどめぐりめぐる ひとりで何度もかきむしり気が狂うぐらい

なくした唄を

爪を立て 街にサイレンの 悲鳴が 駆け抜ける 他人ごと

流れた赤い血はなぜ!

溜息 いつもの気配 手をかけて ドアの向う 声かける

とどめの弾丸

ベッドに潜り込んで なんとなく位置を変えた 左側の吐息を キスでふさぎたくなったよ

強く咲け

週末の午後は決まって 長い距離クルマ走らせ いつもと違う景色に向かう すべて終えて戻る頃 真夜中過ぎる頃

強くある為に

強くある為に そう何度でも 幾度となく声嗄らして 歌ったその意味さえ

作りかけのForever

永久に続くもの 本当にあるか聞いて来たね ふたりで並べた 砂の城までも 波にさらわれたとき

月に叢雲花に風

咲き誇れ 閑かに零れる ひとひらに願いを乗せて 乱れ咲き

ため息混じりの愛の中で

狙いは何か 俺にもわかるさ 牙を隠した野獣たちよ 遠く離れて 俺の背にまわり

溜息と沈黙

壁際を飾る写真 思い出にぶらさがり 時の中 色褪せていた

旅人のララバイ

夢に舞う花のよう この心奪われ 何度でも 何度でも 手を伸ばし掴んでは

ただ悲しく

消えてゆく 受話器の向こうに 君の声も この愛も

全て見る