1. 歌詞検索UtaTen
  2. オフコース

オフコースの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

秋の気配

あれがあなたの 好きな場所 港が見下ろせる こだかい公園 あなたの声が小さくなる

さよなら

もう 終わりだね 君が小さく見える 僕は思わず君を 抱きしめたくなる

言葉にできない

la la la・・・・・・ 終る筈のない愛が 途絶えた

NEXTのテーマ―僕等がいた―

誰の為にでもなく 僕等がうたい始めて 歌が僕等を離れていったのは ほんの少し前の冬の日

眠れぬ夜

たとえ君が目の前に ひざまずいてすべてを 忘れてほしいと 涙流しても 僕は君のところへ

愛の中へ

なんの 迷いもなく あなたを選んで ふり返らず この道を

愛の唄

すぎゆくは若き日々 いくつかの愛は消えて いつまでも 変わらない

僕の贈りもの

冬と夏の間に 春をおきました だから春は少しだけ 中途半端なのです このころはなんとなく

別れの情景~もう歌は作れない

僕にとってほんのささいな言葉のやりとりも いつも先のことばかり考えていたから あなたにしてみれば離れて行くように見えたの なんにもしてあげられない なんにもしてあげられないから

きかせて

窓は開けたままで 話しをきかせて 手紙もくれなかったね そのひとといれば

冬が来るまえに

ふるえる肩を抱けば それだけつらくなるから うしろめたさを胸に この秋の日はひとりきり ああ

YES-NO

今なんていったの? 他のこと考えて 君のこと ぼんやり見てた 好きなひとはいるの?

YES-YES-YES

君が思うよりきっと 僕は君が好きで でも君はいつも そんな顔して あの頃の僕は

いくつもの星の下で

今夜はありがとう ここまでついてきてくれて 話したい ことがあるから もう少しいてよ

歌を捧げて

あのほほえみ あのやさしさを 忘れてしまうなんて 私は信じない

夏の別れ

話かけてもいいよね もう会えないから こうしてここからあとは 二人離れてゆくだけ

僕等の時代

もうそれ以上 そこに 立ち止まらないで 僕等の時代が少しづつ今も動いている

愛を止めないで(ドラマ OUR HOUSE 主題歌)

「やさしくしないで」 君はあれから 新しい別れを 恐れている ぼくが君の心の

夏の終り

夏は冬に憧れて 冬は夏に帰りたい あの頃のこと今では すてきにみえる

めぐる季節

あなたがそこに いるだけで 私のこころは ふるえている あの甘くやるせない

Still a long way to go-また会う日まで-

海原はるかに 胸踊らせて 旅立ったあの頃が まるで昨日みたい

君が、嘘を、ついた

いま 君らしくない 言葉をきいた 心が騒いでる

風に吹かれて

乱れてる 乱れてる この心 ふりむくたび君が誰かといる

思いのままに

ひとつの夢を いつもぼくは追いかけてた ひとつの歌に その夢をのせてうたった

美しい思い出に

君はただ この胸にすべてをまかせればいい 人恋しさに 涙することもない 沈みゆく夕陽のように

緑の日々

確かに今 振り返れば 数え切れない 哀しい日々 でも

恋を抱きしめよう

そんなにしょげた顔で いつもと違うよ 君らしくもない弱音ばかり はいてる

通りすぎた夜

抜けるような白い肌 パーティードレス 広いフロアー人のあいだを さりげなく身をおよがせ

ランナウェイ

たそがれそまる 夕日を追いかけながら 白い車は 二人を乗せて走るよ 東京飛び出し

心の扉

都会は走るように 夏へ向って 動いているのに あなたは 心に

全て見る