1. 歌詞検索UtaTen
  2. グミ

グミの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

お天気おねえさん

いつも同じ時間に同じ笑顔 同じ声に耳を傾けてる 寝ぼけた顔でコーヒーを入れてさ 遅刻ギリギリまで上の空で過ごす

夢の続きをソングする

泣いてもいいんだよ 笑ってもいいんだよ ちっぽけな僕でも 誰かへの愛を叫んでいるし

Andyと銀杏

お気に入りの自転車や 手袋はもう背丈に合わないから って勝手に捨てられてさ 新しいの買えばいいよって そういうのじゃないのさベイベー

ぼくたちホモサピエンス!

あゝぼくは恋をしてしまった 窓際の君に 忘れない その日差しを もう君は汚れてしまった

邂逅

久しぶりね相も変わらない そのスタンスで少し安心したよ 生まれたままの何も知らない その姿で出会ってみたかったよ

どんとれっとみーだうん

朝日を待ちながら エレキギター弾いてる 六年も前に買ってもらったのに 別にうまく弾けないのな

フェイバリットバンド

日常に溢れてるくだらない気持ちは SNSに書いて誰かに見せればさ どうにかなるでしょう 春がやってきて気温は上昇

夏子

狂った季節の訪れ まちは煌めく 僕は靴もちゃんと履かないで 財布と鍵だけはもって いつもの道を歩いて行く

super duper love love days

木曜日の4時間目窓際は 私だけ特等席 授業じゃ習わない科目 どんなに多くの人の中からでも

チープちゃん

平凡極まりない いわゆる"日本のエキストラ" ってな感じで終わる半世紀ちょい に付き合ってはくれないですか?

Lipton

君から貰ったTシャツにリプトン溢した それでもよかった 世界で1つだけのTシャツできた ライク・ア・ニルバーナにはなれないが

宮﨑あおいとヤりたい

そこは天国でここは地獄で 僕はそれをうろうろして まわるみたいです 可でもないけど 不可でもないという

AFRO ITO SHOKEN

小4傘持ってfly away 骨折って 徒競走 走れねぇ

picnic

窓を開けたら夏の匂い 雨のトンネル抜けて 1年ぶりの虫刺されも なんかなつかしいな

東京がお前のこと

東京がおまえのこと 連れ去っていってしまうよ いつしか俺のことも 忘れ去っちまうのかい